祝「20歳のつどい」

ブログ 社会

民法改正に伴い、令和4年4月1日から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられましたが、敦賀市では令和4年度以降も、当該年度において20歳を迎える方を対象に、名称を「20歳(はたち)のつどい」として開催する旨、以前に決定しているところ。
 
なお、参考まで、従来の「成人式」から「20歳のつどい」とした理由は以下の通りとなっています(敦賀市HPより)。
 
◉元来、当市では、20歳を迎えた新成人を対象に、新しい人生の門出を祝福し、励ますための場として成人式を開催してきた。20歳という年齢は、飲酒や喫煙も含め、すべての年齢制限がなくなる区切りの年齢であり、責任を持ち自立した社会人として成長した青年を市全体で祝う式典とするため。
◉対象を18歳とした場合、多くの方が大学受験や就職活動の時期と重なり、本人や保護者の負担がかかる恐れがあるため。
 
さて、本日はその「第1回 敦賀市20歳のつどい」が13時より、プラザ萬象にて開催されることとなっており、私ごとながら、我が長男もこれに出席の運びとなっています。
 
3年前の長女の時は、大学生で迎えた「成人式」でしたが、長男は既に働いており、やや感覚は違うとはいえ、こうして節目の日を迎えられたことを一人の親として感謝する次第です。
 
幼少期からの成長を振り返ると、様々なことが思い出されますが、何といってもこの年代は、コロナ世代。
 
高校2年の冬に突如として始まったコロナウイルス感染により、野球部に所属していた長男らは「甲子園」という目標を失いました。
 
インターハイや文化部の全国大会なども然り。
 
これからという最終学年に目標を失い、心が折れるかと思いきや、どこに当てることもできない悔しさや嘆きに堪え、コロナ禍でも出来ることに直向きに取組む、彼ら彼女らの姿がありました。
 
社会に出れば理不尽なことは山ほどありますが、多感な青春時代に、これ以上ないコロナウイルスという理不尽に対峙したことで、強い人間になれたのではと感じていますが、この時の指導者各位、そして、ともに支え合い、乗り越えた仲間の存在はかけがえのない存在であり、一生の宝だと、親として改めて感謝する次第です。
 
今日はそんな感慨に浸りながら、長男の晴れ姿を見送るとともに、同世代のすべての皆さんの今後さらなる飛躍を期待し、エールを送ります。
 
なお、つどいの模様は、YouTubeにて配信されるとのこと。
 
親御さんはお子さんの、おじいちゃん、おばあちゃんはお孫さんの晴れ舞台の様子を、以下リンクからご覧いただければと思います。
 
「20歳のつどい」YouTubeはこちらから
 

【人生のレールを敷いていくのはもう、君たち自身だ】

「御用」も「仕事」も納めの日 〜1年間お疲れ様でした〜

ブログ 社会

いよいよ年末と感じる行事は「年末特別警戒」。
 
私の住む町内では毎年、12月27日から30日までの4日間を年末特別警戒期間としています。
 
初日の昨日は、拍子木を合図に「火の用心!」の呼び掛けるとともに消化水栓やホース格納箱の点検も行いました。
 

【年末特別警戒の表示が掲げられた会館前】

【あまり見ることができない消化水栓もご紹介します】
 
コロナ禍により、町内の皆さんの参加はお控えいただき、区役員と防災部・防犯部メンバーのみの活動としていますが、30日まで私もしっかり呼び掛けていきます。
 
年の瀬で何かと気忙しいところですが、皆様もどうぞ火の元には十分ご注意ください。
 
さて、今日は官公庁では「御用納め」、民間企業の多くは「仕事納め」となります。
 
文字通り、今日の一番は今年の仕事の整理、そして身の回りの整理整頓をすることかと思いますが、さらにコロナ前にあったのは職場単位での納会や、仕事上がりの忘年会ではなかったかと。
 
つまりは、普段とは違う節目の一日ということになろうかと思います。
 
コロナ第8波により、大勢でこぞっての納会とはいかないものの、この一年、何かと厳しい環境のなか頑張って働いてきたことを職場内で感謝し、新たな年も頑張ろうと確認し合う、そんな「御用納め」、「仕事納め」の日になればと。
 
なお、仕事納めに関係なく、年末年始も勤務される業種の方もいらっしゃいますが、どちらかといえば私も同じ。
 
大晦日まで出来ることを精一杯こなし、悔いのない気持ちで新たな年を迎えたいと思います。
 
では、この後は西浦県道では今年最後となる、朝の辻立ちに行ってまいります。

敦賀市役所にて「拉致問題の早期解決を願うパネル展」を開催

ブログ 社会

敦賀市議会は今週から後半戦。
 
昨日午前中は各常任委員会が開催され、私は自身が委員長を務める産経建設常任委員会に出席。
 
本委員会に付託された議案は、珍しく1件。
 
第92号議案「指定管理者の指定の件」(きらめきみなと館)について質疑の後、全会一致で原案の通り認めるべきと決定しました。
 
審査の結果は委員長として、最終日の本会議にて報告することとなります。
 
また、本日から明日に掛けては、原子力発電所、新幹線対策、廃棄物対策と3つの特別委員会、明後日は予算決算常任委員会が順次開催されます。
 
特別委員会ではそれぞれの調査事項を、予算決算常任委員会では補正予算案の審査結果報告、委員会採決へと向かいますが、慎重に対応していきたいと思います。
 
さて、話しは変わり、先般福井市フェニックスプラザにて開催された「拉致・特定失踪者問題の早期解決を願う福井県集会」に出席した際に感じたことについては、12月5日付けのブログでご紹介したところですが、敦賀市役所においても、昨日より「拉致問題の早期解決を願うパネル展」が開催されています。
 
 →「拉致被害者の全員奪還に向けて」(12月5日やまたけブログ)はこちら
 
拉致問題は赦しがたい人権侵害であり、早急に解決しなければならない問題とし、世界人権週間、北朝鮮人権侵害問題啓発週間をとおして今一度世論を盛り上げ、拉致問題解決の啓発と、早期解決に向けての理解と協力を求めることを目的とするものであり、12月12日(月)から16日(金)まで、市役所1階のオープンスペースにて展示がされます。
 
昨朝、朝一番で展示を拝見しますと、拉致された横田めぐみさん、そして悲痛な表情で訴える母の横田早紀江さんの写真が掲載された大きなパネルがあり、そこには「めぐみを助けてください 私たちにはもう時間がありません」との言葉がありました。
 

 
主催は、先般の集会と同じく「北朝鮮に拉致された日本人を救う福井の会」で、本日9時からは、拉致帰国者の地村保志さん(小浜市)らがお越しになってのパネル展開会式が執り行われる予定となっています。
 
ここ敦賀市においても、山下貢さんが北朝鮮による拉致を否定できない特定失踪者となっており、未だ帰らぬ時間が過ぎるご家族の心中を思えば、決して人ごとではないもの。
 
「写真の横田めぐみさんが自分の子どもだったら、孫だったらと思い、〝必ず取り返す”との思いを自分事として持って欲しい」との言葉は、福井集会であったご来賓のものでしたが、皆様方におかれましてはぜひパネル展をご覧いただき、実情を知っていただくとともに、「必ず全員を取り返す」との日本人としての思いと決意を高めていただけますよう宜しくお願いいたします。
 

【北朝鮮人権侵害問題啓発週間ポスター】

【山下貢さん(敦賀市)ら調査会認定の特定失踪者リスト。】

廃棄物行政の根幹を揺るがす「敦賀・ごみ処分場巡る訴訟」

ブログ 社会

一般質問2日目の敦賀市議会は5名の質問を終え、早や本日最終日。
 
質問者も残すは4名となりましたが、理事者とのやり取りの中から、自身の気づきや学びにつなげたいと思います。
 
さて、そのような中、昨朝の福井新聞トップは「敦賀・ごみ処分場巡る訴訟“市外排出元 対策義務なし”」との記事。
 
全国から許可量の13倍を超えるごみが持ち込まれた敦賀市樫曲の民間最終処分場の抜本対策工事費を巡り、本市がごみの排出元の「南那須地区広域行政事務組合」(栃木県那須烏山市、那珂川町で構成)など5団体に費用の一部約6億3千万円の支払いを求めた控訴審の判決言い渡しが7日、名古屋高裁金沢支部であり、ここで何と、吉田尚弘裁判長は敦賀市側の控訴を棄却し、一審の福井地裁で5団体に命じた計約1億2千万円の支払いのうち、4団体の計約1億1800万円の支払いを取り消す判決を下したとのこと。
 
いわゆる「ごみ問題」に関する訴訟対応に関しては、これまでも市から状況説明をいただきつつ、進捗や対応方針などを伺ってきたところでありますが、この判決を受けての考えについては、15日に開催される議員説明会にて説明を受けることになっているところ。
 

【全国から許可量を超えるごみが持ち込まれた敦賀市樫曲の処分場(FBCネットニュースより引用)】
 
改めて判決理由や関係法令などを把握したうえで、この説明会に臨むところですが、そもそも、本来はごみを発生した自治体(排出元)が自分のまちで処理するとの原則論や、ごみの処分を受け入れた自治体(今回の場合は敦賀市)が要する対策費用の負担義務もないとすれば、どこが他のまちで発生したごみまで受け入れるのかなど、廃棄物行政を揺るがす判決と認識することから、「まさか」の判決を受けた市の対応に注視する次第です。
 
奇しくも昨日は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、沖縄県の埋め立て承認撤回を国土交通相が取り消す裁決をしたのは違法として、同県が裁決の取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁は県の上告を棄却しました。
 
訴訟を起こす資格(原告適格)がないとして訴えを退けたことに、私としては安堵した訳ですが、裁判官で変わるといえば、敦賀のごみ訴訟に関してはどこか、原子力の「司法リスク」にも似ているよう。
 
「司法リスク」とは、原子力発電に関する技術は極めて高度で専門性が高いが故に、専門家ではない裁判官によって発電所停止の仮処分命令などがされることへの「リスク」という意味であり、疑問を投げかける意見も多くあるところ(ちなみに、こうしたことを防ぐため英国では原子力裁判所がある)。
 
廃棄物に関してはそこまで専門性が高くないとはいえ、裁判官によって、受け入れた側の「リスク」になっては困る訳であり、本件が廃棄物行政の根幹を揺るがすものとすれば尚のこと、受け入れ自治体としての主張を最高裁の場でも明らかにし、徹底して戦うべきと考える次第です(あくまでも個人的見解です)。

拉致被害者の全員奪還に向けて

ブログ 政治 社会

昨日は、福井市フェニックスプラザにて開催された「拉致・特定失踪者問題の早期解決を願う福井県集会」に出席。
 
杉本福井県知事を始め、県内選出国会議員など来賓が並ぶなか行われた開会式典では、主催者を代表し、北朝鮮に拉致された日本人を救う会福井の森本信二会長からのご挨拶の後、順次ご来賓の方々よりお言葉がありました。
 
その中で、高木毅衆議院議員からありました、「写真の横田めぐみさんが自分の子どもだったら、孫だったらと思い、〝必ず取り返す”との思いを自分事として持って欲しい」との言葉に大いに共感。
 
我が子が急にいなくなり、それが拉致と判断された時の心境たるや計り知れぬ悔しさと悲しさ、そして怒りの気持ちが込み上げるであろうと、改めて思いをともにした次第です。
 

【拉致された当時(12歳)の横田めぐみさんが掲載されたポスター。添えられた早紀江さんの言葉は重いもの。】
 
開会式典に続き行われたのは、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会・事務局長の飯塚耕一郎氏(拉致被害者の一人である田口八重子さんのご長男)による講演会。
 
「拉致被害者奪還に向けて」と題し、北朝鮮が拉致を行った目的は、工作員育成・教育と自国の生産性と技術力向上のためであること、北朝鮮が提出した調査報告書は信用に値しないどころか全くのデタラメであり、命の侮蔑としか言いようがない。
 
また、北朝鮮が全員を帰国させない理由は、不都合情報の露呈を防ぐこと、2002年の日朝平壌宣言を幕引きしたいがため、さらに、被害者家族としては、調査を求めても茶番なだけであり、全ての被害者を早期に一括帰国させること以外求めておらず、拉致問題解決が最重要、最優先であることは譲れないこと。
 
何故なら人の命は時間には限りがあるからであり、核やミサイル問題とは切り離して対応すべきとの考えを主張されました。
 
政府へのお願いとして、この問題を解決できるのは両国首脳でしかなく、日朝首脳会談の早期実現、北朝鮮へのメッセージの投げ掛けを求めたうえで、会場の参加者に対しては、周囲の人々に拉致問題を広めて欲しいと訴えられました。
 

【講演会の様子】
 
田口八重子さんは、耕一郎さんが1歳の時に拉致されたため、八重子さんのお兄さんである飯塚繁雄さんが、親代わりに育ててくれたとのことでしたが、その繁雄さんは昨年、病気によりお亡くなりになったとのこと。
 
北朝鮮による拉致被害者の家族会代表を長く務められた繁雄さんは晩年、体力が低下し、座るのもやっとという状態でもトランプ米大統領と面談するなど、最後の最後まで被害者の全員返還に取り組まれました。
 
その繁雄さんが、お亡くなりになる前、絞り出すように発した言葉は、「諦めない、諦めない、諦めない」。
 
この3度の言葉は、拉致被害者家族の心の根底にあるものであり、思いをともにご協力をお願いしたいと講演を結ばれました。
 
私自身、数年前に被害者家族の生の言葉を拝聴した時から、この問題を決して風化させることなく、関心を高めるためにできることは何かと、スーツの胸には必ずブルーリボンをつけていますが、小さなことでも一人ひとりが取り組むことによって、日本政府を、北朝鮮を動かす大きな力になるものと信じています。
 
被害者家族どころか被害者ご自身も高齢化の状況であり、一刻も早く解決せねば、拉致問題は悲しく、悲惨な歴史となってしまいます。
 
このブログをご覧になられて共感いただける方は是非、まずはブルーリボンをつけて、拉致問題解決への支援の輪に加わっていただけますよう、切にお願い申し上げます。
 

【12月10日から16日は、北朝鮮人権侵害問題啓発週間となります。】

【昨日も1種類づつブルーリボンを購入しました。ご希望の方はお声掛けください。】

北條正元敦賀市議が旭日双光章を受章

ブログ 社会

昨日は、福井県若狭湾エネルギー研究センターにて開催された「つるが国際シンポジウム2022」に参加。
 
有識者の講演、地元企業にお勤めの方や高校生を交えたパネルディスカッションから多くの知見、気づきを得た次第であり、私にとって学びの機会となりました。
 
内容は改めて、ブログでご紹介したいと思います。
 
さて、秋晴れの天気にふさわしい、私にとって心晴れ晴れする大変嬉しい出来事だったのは「秋の叙勲」。
 
5期20年に亘り敦賀市議会議員をお務めになられた北條正先輩が、秋の叙勲にて旭日双光章(地方自治功労)を受章されました。
 
初代原電労組組織内議員として敦賀市政に貢献され、こうして高く評価された北條先輩を誇りに思うとともに心よりお祝い申し上げます。
 
現在は滋賀県大津市にお住まいのため、福井新聞には県外在住者としてお名前だけの掲載だったのは残念でしたが、紙面で確認し、居ても立っても居られず先輩に電話をすると、「支えてくれた皆さんのお陰」、「議長経験も無いのに何でやろ」と謙遜のお言葉。
 
議長経験は無くとも、樫曲のゴミ問題に果敢に取り組まれたことや、議員活動以外でも敦賀海洋少年団の団長やボランティアガイドなど、幅広く地域に貢献されていることが評価されたのではと勝手に推測するところですが、兎にも角にも、本当に嬉しく、心からお祝いの言葉を送らせていただいた次第です。
 
奇しくも一昨日より、北朝鮮からのミサイル発射が報じられておりますが、今もなお北朝鮮による拉致問題に取り組む先輩。
 
今後はその任を私の方で引き継がせていただくことで話しを進めておりますが、キャンピングカーを駆り、山城巡りやマスターズ水泳などなど、各方面でアグレッシブに活動される北條先輩がご健康で今後益々ご活躍されることを祈念いたします。
 
見習う点が尽きない先輩ですが、日々更新しているこのブログも北條先輩の影響。
 
3年半続け、今では日課となった訳ですが、先輩は何と、議員生活を終えた今もなお「風来坊茶論(サロン)」に名を変えたホームページで書き続けています。
 
議員として20年、その後も日々綴る文字は、まさに先輩の足跡であり生きる証。
 
改めて、北條先輩の大きな功績に敬意を表すとともに、私にとっても組織にとっても、こうして誇りに思える存在でいただいていることに深く感謝申し上げます。
 
→北條正ブログ「風来坊茶論」はこちらから
 

【令和元年5月。20年の議員生活を終えた慰労会にて。】

次代を担う若い力に期待する一日

ブログ 社会

手に汗握る試合が続くプロ野球日本シリーズ。
 
昨晩行われた第2戦は何と、延長12回両者譲らず3-3の引き分けとなりましたが、驚異の粘りを見せたのはヤクルト。
 
同点劇の立役者は9回裏、代打で登場した内山壮真選手で、起死回生の代打同点3ランを放った場面では鳥肌が立ちましたが、決して大きくない体ながらパンチ力抜群の打力を持つ内山選手は、星稜高校出身の高卒2年目の選手。
 
実は我が長男と同級生で、所属していた敦賀高校とは3年前、センバツを懸けた秋の北信越高校野球大会2回戦で対戦(敦賀2-10星稜で敗戦)した際の彼は既に全日本メンバー候補とあって、当時もオーラを感じる選手でしたが、こうして最高峰の舞台で活躍されたことを嬉しく感じた次第です。
 
短期決戦ではラッキーボーイ的存在が勝利の鍵を握るとも言われますが、この内山選手にはどこかそんな雰囲気も感じるところであり、京セラドームに場を移しての第3戦以降も活躍する姿を楽しみにしたいと思います。
 
さて、話しは変わり、私事で恐縮ですが、昨日のメインイベントは甥の結婚式。
 
この春大学を卒業し就職、今は京都府綾部市で現場仕事に就いたばかり彼が、「結婚する」と挨拶に来てくれた時の意を決した表情は今でも忘れませんが、叔父として心から応援するとの気持ちを伝えていたところ。
 
その後、両家におかれては、コロナ禍での式開催に気を揉まれたことと存じますが、結婚式は氣比神宮で執り行われ、新郎新婦を親類一同にてお迎えした後、厳かな雰囲気のなか無事に終えることができました。
 

【大鳥居の下、新郎新婦をあたたかくお迎え】

【境内を進む新郎新婦とご両家一同】
 
昨日は雨模様の予報が変わり、時折晴れ間が覗く天気となったことにも感謝した訳ですが、何とも微笑ましい若き新郎新婦の姿を見ていると、出席された皆さんにも自然と笑みがあふれる、心あたたまる素晴らしい結婚式だったと感じた次第です。
 
ここにお二人の門出を心より祝福するとともに、両家の益々の繁栄を祈念いたします。
 
冒頭の内山選手は息子と同級生でしたが、新郎の甥はウチの長女と同い年。
 
こうして昨日は、同世代の大活躍、晴れ姿を喜ぶとともに、我が子を含め、次代を担う皆さんのこれからを大いに期待する一日となりました。
 

【式を終え、青空に映える大鳥居が門出を祝ってくれているように感じました】

彼岸花と国葬儀

ブログ 社会

三連休最後の昨日。
 
夕方、近所を散歩していると道端に咲く彼岸花に出会いました。
 
ふと、昨年のお彼岸時期は、真っ赤な彼岸花が咲き誇っていたことを思い出しましたが、今年はまだ咲き始めのようで、この違いは気象条件によるものかと思った次第です。
 
いずれにせよ、この季節の情緒を表す鮮やかな彼岸花は秋分の主役。
 
今日で彼岸明けとなりますが、道端に咲く彼岸花の姿を見るにつれ、先祖や家族への感謝の意を思い返したいと思います。
 

【農道の脇に咲く彼岸花。咲き始めながらも見事な「赤」が鮮やかでした。】
 
さて、様々な意見がある中、いよいよ明日催される安倍晋三元首相の国葬儀。
 
これに反対するデモやテレビ番組、SNSなどでは、耳を疑うような故人や昭恵婦人に対してまでをも誹謗する言葉が浴びせられるなど、かなりエスカレートした状態となっているところ。
 
また、安倍元首相を銃撃、殺害した山上容疑者をテーマにした映画が、27日の国葬義に合わせて公開されるともあり、表現の自由があるとはいえ、この映画に関しては批判や憤りの声が圧倒的に多い状況となっています。
 
国葬儀の是非を問うことと、突然銃弾に倒れた故人を誹謗したり、ましてやテロリストを英雄化することは全く別次元の話しと思うものであり、日本は一体どうしてこうなってしまったのかと、別の嘆き、哀しみが湧いてくる次第です。。
 
そうした中、迎える国葬儀ですが、私自身は、先のお彼岸の礼節や意味合い、日本の文化風習を重んじ、明日は静かに故人をお見送りすることといたします。

「秋の全国交通安全県民運動」スタート

ブログ 社会

台風が過ぎ、冷たい風が吹いた昨朝は辻立ちから活動開始。
 
毎週水曜日を活動日とし、週替わりで原電労組役員の方に同行いただき続けている訳ですが、この日も社会全般の話題や特に原子力政策に関する国や市議会で議論されたことを共有する場となり、私にとっては大変ありがたい時間となりました。
 

 
また、辻立ちしていると巡回中のパトカーが通り、さすがに手を振るのを止め敬礼すると何と、スピーカーから「お疲れ様です」の声を掛けられ恐縮。
 
さらには、市の広報宣伝カーも通過しお辞儀をしましたが、こうして広く呼び掛けていたのは、昨日から「秋の交通安全県民運動」が始まったから。
 
この運動は、「広く県民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、県民自身による道路交通環境の改善に向けた取組みを推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的とする」との趣旨のもと、今年は、9月21日(水)から9月30日(金)までの10日間行われるもの。
 
ちなみに、最終日にあたる9月30日(金)は「交通事故死ゼロを目指す日」としています。
 
今年の「運動の重点と取組み」は以下3点。
 
1.子どもと高齢者を始めとする歩行者の安全確保
2.夕暮れ時と夜間の歩行者事故等の防止および飲酒運転の根絶
3.自転車の交通ルール遵守の徹底
 
特に2.に関しては、夕方街頭活動していると、日暮れ時の見えにくさを実感するところであり、実際事故の多い時間帯であることから、留意が必要と頷いたところであります。
 
普段から安全運転を心掛けていらっしゃる方にとっては、特段「交通安全運動だから」と構える必要はないのかもしれませんが、やはりこうして機を捉えた啓蒙活動というのは必要と感じるところ。
 
「注意1秒、ケガ一生」と言いますが、後悔した時には遅いというのが交通安全。
 
私も今一度気を引き締めて車の運転にあたりますが、皆様もどうか十分ご注意いただけますよう宜しくお願いいたします。
 

全国戦没者追悼式での胸に刺さる言葉

ブログ 社会

戦後77年。
 
「終戦の日」の昨日は、天皇皇后両陛下ご臨席のもと、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館で執り行われ、私はインターネット配信にて拝聴いたしました。
 
天皇陛下のお言葉、岸田総理大臣からの式辞に続き、大変印象に残ったのは、尾辻秀久参議院議長による追悼の辞。
 
ご自身の生い立ちに触れ、「父は32歳で戦死いたしました。母は残された私と妹を女手ひとつで必死に育ててくれましたが、41歳で力尽きてしまいました。母も戦死したと思っております。戦争がなければ、早く死ぬこともありませんでした。」と回想。
 
また「この平和が、取り返しのつかないほど、大きな犠牲の上に築かれていることを忘れてはなりません。私たちにできることは、散っていかれた方々のことを忘れないことであります。平和を守るために、力の限りを尽くします。戦没者の御霊にそのことをお誓い申し上げ、追悼の言葉といたします」と結ばれました。
 
簡潔なお言葉ながら、ご自身の体験をもとに語られる言葉や決意は何にも増して重みがありました。
 
犠牲になられた約310万人の方々、さらには負傷された方や後遺症により苦しまれた方、全てのご遺族、ご家族が、この「戦争がなければ」との思いの中で、その後の人生を過ごされてこられたと思えば、これほど胸に刺さる言葉はないのかもしれません。
 
尾辻議長が追悼の辞に込め、伝えたかった思いはまさに、戦争を知らない私たち世代が共有すべきことであり、私自身、今一度胸に留め置くことといたします。
 

【日本武道館で執り行われた全国戦没者追悼式の様子(厚生労働省インッターネット中継より)】
 
翻って今日は、送り盆。
 
敦賀では「とうろう流しと大花火大会」が4年ぶりに開催されます。
 
松原海岸に足を運ぶことはありませんが、とうろうに込める思いはどこにいても同じ。
 
追悼の辞の言葉とも重ね、ご先祖様への感謝と安寧を願い、お見送りしたいと思います。

« 古い記事