本日5番目、一般質問を行います

ブログ 敦賀市議会


 
12月定例会 一般質問初日の昨日は、7名の議員が登壇。
 
トップバッターの林惠子議員から5番目の中道恭子議員まで全て女性議員という偶然は、先立って開催された議会運営委員会でも話題に挙がったほど。
質問の場においては、それぞれの実体験や寄せられるご意見を受け、子育て・教育環境や家族介護支援、災害弱者対策、中池見湿地に関わる問題などを取り上げられていました。
 
また、この日最後の質問者となった中野史生議員の「救急急患の休祭日における対応」に関する理事者答弁においては、「地域病院は最後の砦として救急は全て受け入れる」との思いのもと対応されてきているものの、当直医はややもすれば30時間以上の連続勤務を月に2〜3回こなさなければならない状況にあるなど、医療現場の実情が分かりました。
 
市立敦賀病院については、従前の赤字を脱して以降、9年連続で黑字経営を続けているほか、積極的な働き掛けによる医師の増員や地域包括ケアのより進んだ取り組みを展開してきており、今後も地域に根ざした病院運営を期待するところです。
 
さて、一般質問2日目の本日、私は5番目に登壇。
通告内容は添付写真に再掲いたしますが、自身の思いと実経験、地域の皆さんからの声を基に建設的で有意義な議論となるよう努めたいと考えます。
 
登壇時間は、おそらく15時前後になろうかと思いますので、議会傍聴、ケーブルテレビ議会CH、ネット中継などでご覧いただければ幸いに思います。
 

議会は今日から一般質問

ブログ 敦賀市議会


 
典型的な北国日和の昨日。
西浦の各漁港では船体保護のため、護岸から離れて係留。
みぞれ混じりの雨が降ったり止んだり、鉛色の空かと思えば急に陽が射したりの天気は、まさに気まぐれ。
運が悪い日はこういうもので、建物や車から出る私を、待ってましたの如く降り出す雨には思わず笑ってしまいました。
 
さて、市議会のほうは今日から一般質問が始まります。
先日ご紹介した通り、トップバッターから5番目まで全女性議員が並ぶという偶然も含め、17名の議員が質問に立ちます。
 
既に通告内容も掲載されていますが、今定例会に提案されている中池見湿地に関わる条例制定、前定例会からも取り上げられている新ムゼウムに関わる件については、複数の議員から質問されるなど関心の高い案件となっています。
また、高齢者や子育てに関わる点についても多く取り上げられています。
 
一般質問の日程は、6日(金)まで3日間。
議場への傍聴あるいはRCNの議会中継などでご覧いただければ幸いに思います。

COP25で日本は何を語るのか

エネルギー ブログ

12月2日、スペインの首都マドリードにて開幕したCOP25

昨日の敦賀は終日の風雨。
天気図を見ると、今日は見事な「西高東低」で冬型の気圧配置。北海道や日本海側では荒れ模様となるため、タイヤや防寒など油断なく備えをしておきたい。

さて、気候に関して言えば、スペインの首都マドリードにて国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)が開催。

昨今、地球規模での気候変動が顕著となる中、地球温暖化防止の新たな国際的取り組みである「パリ協定」の運用開始が年明けに迫る中、実施ルールの詳細を決めていくことが主要な課題となっている。

先進国だけが温室効果ガスの排出削減義務を負った「京都議定書」とは異なり、先進国と途上国が共通ルールの下で排出削減に取り組み、産業革命前から今世紀末までの気温上昇を2度未満、出来れば1.5度に抑えることを目指すのが「パリ協定」。

この「パリ協定」に対し、日本は「2030年度に2013年度比マイナス26%」というCO2の排出削減目標を表明しているものの、原子力発電所の再稼働が遅々として進まず、火力発電で穴埋めせざるを得ない現状では、到底達成など不可能との見方が強く、「消極的」と世界から見られるのも止むを得ないものと考える。

只でさえ「乾いた雑巾から絞る」状態の日本。
再エネ固定価格買取制度の問題などもあり、今後の再エネ普及に暗雲立ち込める中、26%削減が難しいことは明白であり、達成に向けた真の具体策はあるのか甚だ疑問である。

ハッキリ申し上げ、私は、「いま持ち得る資源」を最大限有効活用し、日本が地球規模の対策に貢献するには「原子力発電」しかないと考える。

先般、温暖化対策に消極的とし、国連から演説を拒否された日本。


このような中開催されるCOP25において、日本の代表である小泉環境大臣はスペインで何を語るのか。
意味を持たない「セクシー」発言は初デビュー祝儀として済まされただけであり、温暖化対策で世界を牽引するとの覚悟があるのであれば、確固たる信念を持って具体策を語ってもらいたいものである。

深坂古道で歴史の鼓動を感じる

ブログ 敦賀の歴史

昨日ご紹介した「古代からの交通の要衝 疋田・追分」。
改めて、関所があったと言われる場所もさることながら、天然の良港を持つ港町敦賀から塩津山を越え塩津(滋賀県)に出て、水路で大津に向かった「深坂越え」は大変興味深いものでした。

そんな昨日、古道だけに「その鼓動を感じたい」との思いのもと「深坂古道」に行ってきました。

国道161号線を進み、新疋田駅を過ぎるとすぐ左手に深坂古道の入口、追分区。
歴史の宝庫愛発は、どの区にも解説付きの看板が設置されていて、大変整備されています。

国道161号線を西へ。新疋田駅を過ぎるとすぐに追分区となります。

さらに追分区を進むと深坂区に入り、いよいよ古道入り口となります。

深坂区を越えると、さらに入口標識が。

先へ進むと、古道の案内看板が設置されていて、とても大切にされている印象を受けました。
また、追分区の入口標識も同様、この歴史の開削と保存に関しては、敦賀みなとライオンズクラブさんが大変ご尽力されたことが良く分かりました。

結成15周年を機に敦賀みなとライオンズクラブさんが設置された案内看板

この日は時間があまり取れず、夕刻近くの行動となってしまったため、古道を少し進んだところで折り返したものの、この深坂越えの古道を万葉人を初め、京の都からは国司や律令官人たちがこの道を往来し、かの紫式部も越前守となった父とともに通ったと思えば、何かタイムスリップしたかのような感覚となり、古に思いを馳せる歴史ロマンを感じざるを得ませんでした。

市民歴史講座で学んだばかりで感化され過ぎかも知れませんが、机上と現地を重ね合わせてこそ真の学び。
次は滋賀県に抜けた沓掛まで歩き、さらに歴史の鼓動を感じてきたいと思います。

紫式部も眺めた風景かと思うとタイムスリップした感覚に。

古道にロマンあり!古代交通の要衝・疋田を探る

ブログ 敦賀の歴史

早いもので今年も残り1ヶ月。
野坂山山頂はわずかに白くなり、敦賀も冬の到来を感じるところ。
まずはタイヤ交換ということで、1台目の作業を済ませました。皆さんも冬将軍への備えはお早目に。。。

さて、昨日は、気比史学会主催の敦賀市民歴史講座(第5講)に参加しました。
以前にも投稿しました通り、この歴史講座は本当に奥深くて面白く、今回も楽しみにしていたもの。

「峠を越えた群像」と題し、シリーズで開催しており、この日のテーマは「古代交通の要衝・疋田を探る」。

この日も多くの参加者がいらっしゃいました。

「日本三大古代三関」とgoogle検索するとヒットする通り、この敦賀には、伊勢国の「鈴鹿関(三重県鈴鹿市)」、美濃国の「不破関(岐阜県関ヶ原市)」と並ぶ、越前国の「愛発関(福井県敦賀市)」が言われています。

平安時代中期までの、いわゆる日本の交通の要衝(関所)がこの敦賀にあった所以やルーツ、未だ特定されていない場所について探るというのが、この日の内容でした。

元敦賀市立博物館館長でもあり考古学者の川村俊彦さんの講義は、ご自身の調査・研究経験に加え、当時歌われた和歌(万葉集や紫式部集なども)の縁語やエピソードを掛け合わせて話され、思わず聞き入ってしまうあっという間の2時間でした。

今の滋賀県から敦賀との境を結ぶ古道には「塩津山越」「愛発山越」とある訳ですが、とりわけ「塩津山越」は「深坂古道」と呼ばれ、気比史学会が開削した北陸最古の古道とも言われています。
関の場所については、決定的証拠は発掘されていないものの、愛発・鈴鹿・不破の三関の立地概念を考えると、現在の「疋田・追分」の可能性が高いとのこと。

日本三大古代三関の立地概念など。

この愛発関は、平安時代中期の気候変動(平安海進と呼ばれ積雪期間が短くなった)に伴い、敦賀の南北で相次いで標高の高い新道が開削(山中峠→木の芽峠、愛発山越→黒河峠)されたことによって、「交通の邪魔になっている」(続日本紀:789年)とされ、廃止。
以降、近江国の「逢坂関(滋賀県大津市)」と入れ代わり日本三大古代三関と呼ばれたとのこと。

いずれにしても、京の都に向かう「近江と敦賀を結ぶ古道」は歴史的な重要ルートであったことに違いありません。

古事記に出てくる「百伝う(ももづたう)」は、敦賀の枕詞であり、「色んな人がやってくる」との意味があるそう。
古から交通の要衝であった敦賀は、その後、中世・近代、そして現在もその役割を果たしてきたことに思いを馳せ、「百伝う」まちとして今後も繁栄することを思えば、これまたロマンあり!

「歴史を生かしたまちづくり」をコンセプトに、1980年に開始し、35年間脈々と続けてこられた敦賀市民歴史講座は、この日で何と233回目。

なおも尽きない豊富な歴史は、やはり敦賀の財産であり誇り。
今後も気比史学会の皆さんから学び、自身の生き方やまちづくりの活動に生かしていきたいと思います。

会場を出るとすっかり真っ暗。古より歴史を眺めてきた野坂の御岳は何を思う。

中曽根死すとも原子力は死なず

ブログ 敦賀市議会

中曽根康弘元首相ご逝去のニュース。
「戦後政治の総決算」をスローガンに国鉄や電電公社などの民営化、レーガン元米大統領との緊密な連携により日米同盟を深化させたことなど、戦後を代表する政治家としての功績が讃えられていますが、私の中の中曽根元首相のイメージは「原子力基本法」。

先の対戦がエネルギー戦争でもあったことを踏まえ、「我が国が必ずや復興を成し遂げ再び繁栄するためには、安定した電力の確保が不可欠」「原子力のエネルギーを平和利用し、世界に貢献することこそが、唯一被ばく国である我が国の使命であり、責任」だとし、超党派の議員立法により成立したのが、「原子力基本法」であり、本立法の中心人物が若かりし頃の「中曽根康弘」氏。

基本法の成立は今から約65年前の1955年。
将来史観のもと原子力黎明期を支えた故人のご冥福をお祈りしつつ、原子力に携わる者として「中曽根死すとも原子力は死なず」の思いのもと思考・行動を続けたい。

若き中曽根元首相の情熱あふれる言葉や行動が満ち溢れ、「原子力黎明期の思い」が詰まった本。今から6年前に読み感銘を受けたことを思い出しました。

さて、昨日の議会は「敦賀きらめき温泉リラ・ポートの指定管理に係る調査特別委員会(第5回)」を開催。
調査に関わる助言・確認のための弁護士との契約、先に回答を求めた照会事項及び提出を求めた記録等について確認を行いました。

とりわけ、市と指定管理者が締結した基本協定書、年度協定書については、市の回答を踏まえ、事務行為が適切であったかを条項ごとにひとつづつ、慎重に調査を進めました。

今年度内の完了を目標に今後も続く特別委員会ですが、客観的且つ公正・公平な視点のもと、他の委員の皆さんとともに透明性ある調査に努めていきます。

【お知らせ】やまたけNEWS(第2号)本日発行!

ブログ

12月定例会開会後の発行となってしまいましたが、本日「やまたけNEWS(第2号)」を新聞折込みさせていただきました。

不運なことに、本日の朝刊は広告が大変多いのですが、敦賀市内の方におかれましては、何とか探し出していただきご覧いただければ幸いに思います♫

一般質問通告完了!質問順は12番

ブログ 敦賀市議会

上手いこと言うなと感じることは多々ありますが、「桜を見る会問題」野党追及チームのシュレッダー視察に関し、Twetterでは、桜を見る会ならぬ「シュレッダーを見る会」と表現。
辛辣な批判、呆れコメントに混じり、「真面目にやってるところに哀れみを感じる」などなど。

安倍政権を擁護する訳では決してありませんが、ここは国会。
国民からの信頼に足る生産性ある議論を望むばかりです。

さて、敦賀市議会のほうは昨日、一般質問の通告締切を迎え、定刻の13時までに17名の議員が通告。
私の質問通告内容は以下3点。
==============================================================
1.「人道の港敦賀ムゼウム」の運営方式について
 (1)9月定例会における審議結果を踏まえた市の方針
 (2)新ムゼウム利活用等検討委員会の議論経過と位置付け
 (3)開館に向けた今後の進め方
2. シーズンを通した高齢者の生きがい健康づくりについて
3. 認知症みまもり対策について
==============================================================
なお、1.は9月定例会で討論を行った責任を持って、現時点の市の考えを伺うもの、2.は関係者からの要望を踏まえた高齢者のスポーツ環境改善、3.は実体験に基づき必要と感じた「認知症徘徊対策」についてとなります。

全議員の質問通告一覧は以下ご覧ください。https://www.city.tsuruga.lg.jp/about_city/parliament/hatsugentuukoku/h31/R0112_tsuukoku.html

なお、ガラポンで決める質問順は何と!
トップから5番まで全女性議員が並ぶという偶然!
ちなみに私は「12番」となっております。
一般質問は、12月4日(水)より3日間の日程で開催されますので、お時間許す方はお気軽に議場傍聴にお越しいただければ幸いです。

(ご参考まで)敦賀市議会では、このガラポンにて質問順を決めます

予算決算常任委員会・分科会を開催

ブログ 敦賀市議会

リニューアルオープンに向けて建設が進む「人道の港敦賀ムゼウム」。
ロゴマークデザインについては、既に国内外から応募された255作品の中から18作品が1次選考を通過。
一般投票により2次選考作品を決定するということで、現在市役所1階ロビーに設置されている投票所にて私も一票投じてきました。
投票期間は11月29日までとなっておりますので、皆さんも是非1票を♫

私の投じた先は内緒にしておきます。。。

さて、昨日の議会は、予算決算常任委員会(全体会)にて補正予算に対する基本質疑の後、総務民生・産経建設・文教厚生の各分科会に別れ詳細審議が行われました。
私の所属する産経建設分科会においては、商工関係として本町1丁目商店街のアーケード整備(塗装塗替え)、建設関係として道路河川の改修、上水道関係として新幹線駅整備に関わる水道敷設などについて審議。事業内容や必要性について確認を行いました。

本日は一般質問の通告締切日。
質問項目は、追って市議会ホームページにも掲載されますので、またお知らせいたします。
かくいう自分の通告書は最終チェック中につき本日はこれまでに。。。(汗)

敦賀市議会12月定例会開会!

ブログ 敦賀市議会

晴天の昨日、議会の方は12月定例会開会。
9時半からの全員協議会にて、先般確認した議会運営委員会の内容が報告された後、10時より本会議を開会。

今定例会においては、計6億7,400万円の補正予算に加え、中池見人と自然のふれあいの里の設置管理条例などを含む18件の市長提出議案、3つの請願が提出されました。

また、B議案(議会提案)として、「敦賀きらめき温泉リラ・ポートの指定管理に係る特別調査委員会(通称:リラ特)」の調査経費(弁護士費用等)の追加(20万→90万)に関する決議案を提出。
本件については、可及的速やかに対応を行う必要があることから、全会一致により当日決議されました。

各議案は、付託先の常任委員会にて以降審議するため、本会議は12月4日の一般質問まで休会となります。

午後はリラ特の準備会が開催され、調査紹介した事項の回答確認や請求資料等の追加、今後のスケジュールなどについて確認。
リラ特は、市民の皆さんにとっても関心の高い調査であり原則公開にて開催することとしており、委員会開催日をどうお知らせするかについても話し合われました。
ちなみに次回の委員会は、11月29日(金)AMに開催予定です。

本日27日は、10時より予算決算常任委員会による基本質疑の後、各分科会での詳細審議となりますので、ひとつづつ丁寧な審議に努めていきます。

当会派控え室の真前が議場入口。帰り際、ひっそりとした議場をパチリ撮影。

« 古い記事