届け議会の考え!百条委員会調査報告書を議決する!

ブログ 敦賀市議会

昨日、敦賀市議会3月定例会が開会。
 
市長提案理由概要説明に続き、理事者より49件に及ぶ議案の説明・活発な質疑(1〜17号議案は予算関係につき省略)がされました。
 
また、開会に先立ち開催された、敦賀きらめき温泉リラ・ポートの指定管理に係る調査特別委員会(以下、百条委員会)においては、これまで5ヶ月間に及び調査を行なってきた内容、議会として求めることを取り纏めた調査報告書を委員会として承認、これをもって解散することを確認。
 
敦賀市議会初となる百条委員会は、委員会13回、準備会18回を数え、リラ・ポートの指定管理に係る市の履行状況や不適切な事務行為がなかったかの調査事項の範囲を遵守し、調査を進めてきました。
 
委員として参画させていただいた私が言うので間違いないのですが、委員長始め、委員各位の皆さんの本委員会に臨む姿勢として、恣意的に市に不作為を負わせることや犯人探しをするような姿勢は全くなく、至って真摯に、地方自治法第100条の趣旨に則り、提出された証拠・証言に基づく「客観的且つ公平な視点」での議論を最後まで貫きました。
 
こうして作成、委員会認定した調査報告書について、開会初日の議会に上程し、百条委員会を代表して福谷正人委員長より報告。
報告は1時間20分にも及ぶ超大作となりましたが、これまでの経過や取り纏めた不作為・不適切事項、再発防止対策、さらには早期の営業再開に向けた協議を求めた内容は、正確に全議員及び渕上市長を始めとする理事者の皆さんにお伝え出来たものと、委員の一員として受け止めます。
 
調査報告書については、全会一致で議決。
 
上記に述べた姿勢で取り纏めた報告書であること、議会で議決した重みも不踏まえ、今後は、市に本内容を真摯に受け止めていただき、最善の方向に向けた対応がされるものと信じています。
 
視線を市民の立場に置き考えれば、必ずや最適解が見出せると思いますし、またそれを蔑ろにするようでは、行政も議会も存在意義や価値は全く無いと思います。
そんな敦賀市でも敦賀市議会でも無く、「市民第一で考動」する両輪であることを、本事案への対応を持って市民の皆さんにお示し出来るよう、私の立場でも引き続き尽力していきます。

(18時過ぎの市役所。必ずや受け止めてくれると信じ、後にしました)

本日より3月定例会!

ブログ 敦賀市議会

晴天の昨日。
 
この3連休で自分なりの議会準備を終え、暫し野坂山を散歩。
鳥の囀り、木漏れ日の中に身を置くだけでもリフレッシュ。
眼前に広がる敦賀市内を眺め、「このまちのために!」と気合も入りました。


 
午後は、会派(といっても二人ですが…)の最終打ち合わせ。
各議案に対する考え、認識の共有を図りました。
 
また、打ち合わせを終え市役所を出ると、まだ電気が灯いている部屋もチラホラ。
休日にも関わらず出勤対応されていた皆さんもお疲れ様でした。
 
さて、本日は8時30分から百条委員会を開催(おそらく最終回)の後、10時に3月定例会開会となります。
初の当初予算審議などを含む内容盛り沢山の議会となりますが、これまで同様、ひとつ一つ丁寧な審議を心掛け、28日間の会期に臨みます。
 
皆さまにおかれましては、議会傍聴やケーブルテレビ中継などを通じ、関心を持ってご覧いただければ幸いに思います。

荒波乗り越え、頑張れダイヤモンド・プリンセス!

ブログ

連日報道のダイヤモンド・プリンセス。
何を置いても現在も船内に残る乗客、対応されている乗務員の安全が第一であり、事態の早期収束を願うところです。
 
このダイヤモンド・プリンセスに関しては、来年度4回の寄港を予定していた敦賀ですが、既に4月15日の寄港は取り止めを決定。
現在の状況からすれば、船会社として当然の判断であり止むを得ないものの、残る3回の寄港にどこまで影響するのか。
 
国内の多くの寄港地がそうであるように、敦賀市においても来年度予算に大型クルーズ船寄港を踏まえた事業を複数計上し、経済効果やまちの活気につなげる機会を構築する訳でありますが、私は自身がそう感じたように、あの優雅で巨大な船体を受け入れる有数の港が敦賀にあるという誇り、市民皆でクルーズ船観光客をおもてなしする一体感が得られる絶好の機会であるとも考えます。
 
昨夕、所用により美浜の海岸線を走ると、まさに「冬の日本海」。

 
今のダイヤモンド・プリンセスにとっては、この日のように荒波の中を航海する心境かと思いますが、この難局を何としても乗り越え、あの美しき姿を再び敦賀湾に現してくれることを切に願い、「頑張れ!ダイヤモンド・プリンセス!」のエールを送りたいと思います。

議員活動も議案審査も現場の視点を忘れずに

ブログ

昨晩、とある会合に出席すると、この日結婚記念日のご夫婦がおられ、聞けば何と22年目とのこと。
ご夫婦には失礼ながら、もしや記念日の忘れ防止にゾロ目の日にしたのでは?と頭をよぎりつつ(笑)、数字の2が5つも続くおめでたい場に、出席者一同幸せをお裾分けしていただきました。
 
さて、この3連休は、25日から始まる定例会に向け、議案精読などの事前準備に充てています。
そうした中、たまたま先輩議員のブログを拝見すると、議案審査に関し、「机上の空論とならぬよう、事業内容は役所の担当に聞く、現場に足を運ぶ、市民の皆さんの受け止めを聞く」の3点セットでより精度の高い審査にとの言葉が書かれており、見習わねばと納得。
 
この言葉を念頭に置きつつ、特に来年度予算については、「政策は数字に表れる」との視点、地方行政においても「選択と集中」の認識を持って、引き続き準備対応にあたりたいと思います。
 
※投稿内容とは関係ありませんが、新型コロナウィルスに関し、敦賀市HPに「もしかして」の際の相談窓口などが掲載されておりますので、ご参考まで周知させていただきます。

リラ・ポートの早期再開・継続に向けて

ブログ 敦賀市議会

雲ひとつない青空、気温は4月上旬並みと春の訪れを感じる昨日。
 
案件確認のため連絡した方との余談では、この日市総合運動公園にはグラウンド・ゴルフに約170名が集い、元気に汗を流したとのこと。
これを聞いて嬉しいのは、もちろん高齢者の健康・生きがいづくりにつながっていることですが、試行期間においてもコンスタントに150名以上がプレーされている利用実績は、次期の冬季本格利用に向け十分な根拠が得られたとも確信した次第。
 
さて、昨日午後は、第18回目となるリラ・ポート百条委員会の準備会。
 
前回認定した、行政の「不作為」と「不適切行為」に対し、行政事務に求める対応や調査の総括など、調査報告書の最終まとめに向けた議論を行いました。
 
本件に関して、私は7月からの産経建設常任委員会での所管事務調査、9月からは百条委員会(調査特別委員会)と約8ヶ月に亘り調査にあたってきており、自身にとっても本調査報告書はその集大成とも言えます。
 
また、いくら詳細な調査であったとしても、その内容が文字として市に正確且つ誤解なく伝わらなければいけない訳であり、そういった思いを持って妥協することなく、他の委員の皆さんと最後まで慎重審議にあたりました。
 
委員会としても私自身としても、百条委員会の趣旨に則り、議会の立場として客観的で公正な調査報告書になったと考えます。
 
この後は、2月25日8時30分より最終の百条委員会を開催し、調査報告を委員会として認定したうえで、議会運営委員会の承認を経て、同日開会する3月定例会に追加議案として上程する予定としています。
市民の皆さまにおかれましては、いま暫しお待ちいただくとともに、議会としての調査報告内容を注視いただければと存じます。
 
2月5日から一時休業となっているリラ・ポートですが、このままでは3月から本格利用期間となるリラ・グリーンまでもが利用出来ず、温泉はもとよりグラウンド・ゴルフまでもがプレー出来なくなることは、さらに多くの市民・利用者の皆さんの楽しみや生きがいの場を奪うことになります。
 
このことは市にとっても、現指定管理者にとっても決して望む姿ではないはずです。
 
両者の間には様々な経過を経て、双方にそれぞれの思いがあろうかと存じますが、市は公の施設を管理監督する責任、現指定管理者はその施設を運営する責任、そして何より、市民・利用者の皆さんのことを第一義にお考えいただき、早期の再開と継続運営に向け尽力いただくことを切に求め、本日のブログを終わります。

福祉施設訪問に同行し感じたこと

ブログ まちづくり

昨日は、ゆうあい倶楽部の鈴木代表、池田事務局長とともに福祉施設を訪問。
 
私も15年近く前に事務局を務めた、前身の嶺南地区友愛会から数えれば40年以上続く活動であり、この日は、市立やまびこ園、ワークサポートひだまり、白梅学園、子ども発達支援センターパラレル、特別養護老人ホーム渓山荘・常盤荘、白梅学園、美浜町社会福祉協議会と、敦賀市内・美浜町の7つの福祉施設を訪問し、寄贈品贈呈式に同行して参りました。
ちなみに私は、会の顧問議員を拝命している関係での出席ということで。
 
この活動は、加盟組合での職域カンパに加え、年末の街頭カンパで集まった浄財をもとに、訪問先のニーズに応じた品などに変え寄付させていただくというものであり、温かい志しを寄せていただいた全ての皆さんに心より御礼申し上げます。
 
訪問先では、鈴木代表から施設の方へ寄贈品をお渡しし、お子さんからお年寄りの皆さんまで喜ぶ顔を拝見出来ました。
実用的なもの娯楽的なものと種類は様々ですが、今後皆さんの役に立つもの、楽しめるものとなり、大切に使ってもらえればと思います。

(特別養護老人ホーム渓山荘での寄贈の様子)

(市立やまびこ園にて。鈴木代表(左)より寄贈)
 
また職員さんからは、お忙しいところ施設内のご紹介をいただいたほか、お話しをさせていただく中で管理運営面の実態などもお伺いすることが出来ました。

(特定就労支援事業などを行う「ワークサポート陽だまり」さんでは、市との農福連携事業も)
 
施設のバリアフリー化が進んでおらず行動範囲に制限が掛かっている、入居者の高齢化(歩けない)により以前より体力的な負担度が増加している、職員さんの数的不足、通所希望者を全て受け入れられる施設キャパが整備されていないなど。。。
それぞれの施設名は伏せ置きますが、以前に事務局として訪問した15年前とは、確実に状況が変わっているばかりか、相当に早いスピードで変化する社会環境に的確に対応していくことがここでも欠かせないことと強く感じた次第。
 
そういった意味で、議員の立場としても大変有意義な時間を過ごすことが出来たことから、上記のように気になった点に関しては、改善に向け今後フォロー&アクションしていきたいと考えます。
 
冒頭述べましたように、長きに亘り続くこの活動。
職域の皆さん、市民の皆さんのご支援あってこそ持続出来ることに今一度感謝し、議員としての役割を果たしつつ、今後もゆうあい倶楽部とともに活動にあたっていきます

働く仲間より元気をもらいネジを巻き直す

ブログ 働く仲間とともに

昨朝は、絶好の「挨拶立ち日和」。
曇天続きであったからか、どこか神々しく感じる朝陽に照らされながら元気にスタート♫

(朝立ちポイントから眺める名子の海)
 
議会の方は、一昨日3月定例会招集が告示されたところでありますが、午後は議員説明会が開催され、以下4点に関し担当部より説明をいただきました。
①中期財政計画について
②国道8号敦賀防災に係る用地先行取得制度について
③人道の港敦賀ムゼウム運営計画について
④後期高齢者医療特別会計当初予算案に関する補足説明
 
夜は、JP労組福井南部支部さんの執行委員会にて活動報告をさせていただき、敦賀の本町商店街活性化(昼呑み場など)や観光客の動線(スポットまで無料バス直行)についてご意見を頂戴しました。
 
敦賀から高浜町まで嶺南一円の郵政事業にお勤めの皆さんで構成する南部支部さんは、この日も中間地点の若狭町まで移動しての会議開催。
お仕事上がり、さらには長距離移動して活動される姿は本当に頭が下がる思いであり、こうした働く仲間の皆さんの声をしかと受け止め活動せねばと、帰路にてネジを巻き直す1日となりました。

3月定例会とリラ・ポート百条委員会

ブログ 敦賀市議会

昨日、敦賀市議会3月定例会を招集する旨告示されたことを受けた議会運営委員会が開催され、会期日程、市長提出議案などについて協議。
 
令和2年度一般会計予算を始め、25の条例制定・改廃など、議案数は47。
予算審議は自身初となることも含め、かなりのボリューム感でありますが、開会までにしっかり読み込み準備したいと思います。
 
会期は2月25日から3月23日までの28日間。
状況は適宜ご報告いたします。

 
議会運営委員会終了後は、リラ・ポート調査特別委員会(百条委員会)準備会を開催。
調査報告書に向け、約7時間に亘る熟議のうえ、基本協定書などに照らし、5項目の「行政の不作為」、5項目の「行政事務における不適切行為」を抽出しました。
 
さらに、その後開催した本委員会では、上記調査結果の認定、次回の本委員会は3月定例会開会日の2月25日に開催することを確認しました。
 
今後は、抽出した不作為、不適切行為に対し、市に求める再発防止対策、或いは一連の問題の本質的要因や一時休業となっているリラ・ポートの早期再開などを含む総括について、さらに議論を深めていくこととなります。
 
早期再開を望む市民の声は相当に大きいばかりか、公共施設が利用出来ず、大きな市民(利用者)サービス低下となっていることへの責任、働く方の雇用や市内業者さんとの関係など、様々な問題も絡んでいることを踏まえつつ、定例会開会日に最終報告書を提出することの意味合いを深く認識し、引き続き対応にあたることといたします。

新型コロナ対策より桜を優先する姿に憤りを感じる

ブログ 政治

昨日、気比の松原辺りを通ると、時雨模様の中の太陽に照らされ、敦賀湾に浮かぶ「二重の虹」に遭遇。
神秘的な景色に、思わず車を停め撮影しました。

 
かと思えば、今朝起きて外を見ると一面真っ白。
10cm近くは積もったでしょうか。

 
芭蕉が詠んだ、「北国日和に定めなき」とはまさにこのことと笑ってしまいました。
 
さて、笑ってばかりいられないのは国会。
 
新型コロナウィルス対策に関する集中審議を行う、昨日の衆議院予算委員会をネット録画で拝見すると、午前の辻本清美議員に続き、午後の小川淳也、山井和則議員とどの党とまでは申し上げませんが、全て「桜を見る会」の追求。
しかも、午後の2名の追求内容はほぼ同じ、言葉じりを捉え印象操作を図るかの場面もあり、仕舞いには総理の答弁に納得いかないと審議拒否で退席する始末。
 
さらには、予算委員会委員長が再三に亘り「ご静粛に」「質問者以外の発言は控えてください」と注意しなければならないほどの罵声や白々しい「え〜!」の声が飛び交う委員会室の状況は、小学生に見せるのも恥ずかしいレベル。
 
この日はテレビ中継も入るということで、国家を挙げて取り組むべき「新型コロナ対策」より「桜」を優先し、安倍総理批判をアピールする場として使われたのだとしたら、これは許されざることではないと思う次第。
 
勿論、この日登壇した前原誠司議員など、課題に対し真っ当な議論をされた方もおられる訳であり、野党の全てとまでは言いませんが、国権の最高機関としてあるべき姿を見せて欲しいと思うばかりです。
 
愚痴めいた話しが長くなり恐縮ですが、今日の敦賀市議会は、2月25日から始まる3月定例会に向けた議会運営委員会、その後は、最終報告書作成に向けたリラ・ポート百条委員会の準備会等が開催されます。
とりわけ、リラ・ポート問題は、市民の関心ごとであるとともに一日も早い営業再開が望まれている状況であり、百条委員会がどのような調査報告書を提出するのかが注視されているところ。
 
そういった背景や思いも踏まえ、こちらは昨日の予算委員会を反面教師に、冷静且つ建設的な議論にあたります。

進む国道8号線2車線化工事に思う

ブログ まちづくり

まちづくり景観刷新事業のひとつとして進められている国道8号線(本町通り)2車線化工事。
この工事は、車幅減(4車線から2車線)による歩行者の安全性向上や歩道拡張による賑わいの場所創出などを目的とし、国の補助金を得ながら整備するもの。
 
一昨日のことですが、気比神宮から本町通りをぐるりと一周し、進捗状況を確認してみると、工事は本町の飲み屋さん街側の通りから進められ、とりわけ気比神宮の大鳥居前では大きなU字溝が並び重機も入っての大掛かりな工事が行われていました。

(気比神宮前の工事の様子)

(本町通り国道8号線工事の様子)
 
一周したついでに、商店街の営業具合を確認してみると、空き店舗も含めた約120軒の内、店を開けているのは50軒弱。
土曜日の昼下がりに誰も歩いていないアーケード街に危機感を覚えましたが、逆にこれからのアイデア次第で可能性を秘めているエリアなのだとポジティブに考えることに。。。

(皆のアイデアで賑わう通りにせねば。。。)
 
新幹線敦賀開業に向け、中心市街地の活性化や賑わいの鍵を握るのは、まさに駅から気比神宮までを結ぶこのアーケード街であることは間違いありません。
先に記載した2車線化整備も契機とし、地元商店街や市民の皆さんにいかに活用してもらうか、これに向け行政として何をサポートしていくべきかの具体的方策を早急に講じて行かねばなりません。
 
古より「百伝う(ももづたう)まち」と呼ばれた角鹿(敦賀)。
交通の要衝として、人が集まってくるとの意を持つこのまちに住む者として、その歴史に誇りを持って機運を盛り上げていかねばと強く思った次第。

(写真は神楽通りに掲示の芭蕉の句)

« 古い記事