職場第一線の思いは活動の原点

ブログ 働く仲間とともに

ユニオンプラザ福井で開催されたF-TOP21義員懇談会の様子

昨日は福井総合政策フォーラム(F-TOP21)の議員懇談会出席のため福井へ。

途中立ち寄った杉津PAからの絶景はあいにくの曇天で映えませんでしたが、そこはバショさんから学んだ「北国日和」。
「見えぬところに楽しみがある」と思い、思わずニヤリ。

まさに「北国日和に定めなき」。曇天も風情ありとポジティブ思考で。

さて、F-TOP21は、連合福井と推薦議員が互いに政治・政策課題を共有し、解決に向けて取り組むことを目的とし、2001年に設立。
昨日は、今期2回目となる議員同士の懇談会ということで、県市町合わせて17名の議員が出席し、各議会のトピックス報告や独自で行うセミナーの企画などについて確認。

その後、シリーズ化している連合福井各構成産別との意見交換会となりました。
前回の自治労・県教組に続き、この日は福井県電力総連。
電力総連からは、①2020年4月からの法的分離、②原子力発電所の現状、③台風15号、19号への災害対応状況の3点について説明いただいた後、活発な質疑が行われました。

中でも再生可能エネルギーの系統接続、需給調整の関係で質問が相次いだほか、気候変動を考えれば電源のベストミックス、原子力は活用せざるを得ない存在との意見も挙がり、理解が深まる有意義な場となりました。

中でも再生可能エネルギーの系統接続、需給調整の関係で質問が相次いだほか、気候変動を考えれば電源のベストミックス、原子力は活用せざるを得ない存在との意見も挙がり、理解が深まる有意義な場となりました。

川畑坂井市議による閉会のご挨拶

我々は働く仲間の代表であり、あらゆる政策も固定観念に縛られず(特にエネルギー問題は)、職場の第一線で働く方の思いや考えをしっかりと受け止めたうえで最適解を見出し、対応すべきと改めて感じた次第。

今後もその思いのもと、連合福井の皆さんとともに活動を進めていきます。

働く仲間の皆さんにご報告

ブログ 働く仲間とともに

昨日は、お昼休みに活動報告会を開催。
貴重なお休み時間に関わらず、関連企業の皆さんにお集まりいただきました。

報告会では、前回ご紹介した市内で進んでいる大型工事の進捗状況や9月定例会における自身の一般質問内容などを報告。
今回からパワポとしましたが、やはり視覚で分かっていただくということが大切ですね。

議会ごとに行うこの報告会ですが、「どなたにも分かりやすく」をモットーに、今後も分かりやすいスタイル、内容としていきます。

連合福井結成から30年

ブログ 働く仲間とともに

昨日は文句なしの秋晴れ。
やはり青空と凛とした空気は気持ちが良いものです。

そんな晴天の中、午前中は2回目となる「敦賀きらめき温泉リラ・ポートの指定管理に係る調査特別委員会」(いわゆる百条委員会)に出席。
提出のあった調査資料や今後の進め方などを確認しました。

午後は、福井県市議会議長会、町村議会議長会主催による「市町議会議員合同研修会」のため福井市の自治会館へ。
一同に市町村議員が介するこの研修会では、第1部として首都大学東京の山下祐介教授による「2040年問題を考える」、第2部ではノンフィクション作家の石井妙子氏による「現代の政治家、その光と影」と題し、ご講演いただきました。

そして、夜は「連合福井結成30周年記念レセプション」と続きました。
私が社会人になったのが1990年、初のナショナルセンターである連合の発足は1989年ということで、同じ時を駆けたということもありますが、その間、時代の流れや課題を汲み取りつつ、課題解決に向け工夫を凝らした活動を展開されながら迎えた30周年に心から敬意を表するところ。

歴代会長、事務局長様より心温まるご挨拶

かくゆう私が活動に携わったのは約15年前ということで、月日の経つ速さを感じるところ。
この日は、連合福井発足からの歴代会長、事務局長を初め、多くの先輩方も参加されてのレセプションとなりました。
主催者側の計らいで、歴代会長、事務局長の先輩方は皆マイクの前に立たれ、連合運動に対する経験談や思い、そして何より今後の連合福井に期待するところを力強く述べられました。
私も労組役員OBの一人として、連合福井推薦議員の立場としても元気づけられる時間となりました。

電力関連産業労組から第5代会長を務められ、私の尊敬する人物である山岸克司氏からは「野に出よ、鍬を持て」「組合員一人ひとりが輝くため、自分の理想や夢(のある職場、社会)に近づけるための工夫と努力を」との言葉。

つまり「評論家になるな。目標に向かって行動せよ。」とのメッセージ。

政治の世界も同じ。今一度その言葉を胸に掲げ、新たに歩みを進める連合福井の仲間の皆さんとともに活動にあたる所存です。

連合福井30年の歩み。さあ今日から新たな一歩!

教育現場の課題を伺う

ブログ 働く仲間とともに

一日中降りつづいた雨も止み、今日から天気回復の敦賀。
やはり、雀の囀りが聞こえる朝のほうが目覚めが良いものです。
一方、千葉市などでは、復旧作業を進める中での冠水等のニュース。
これ以上の被害拡大なく、一日も早い完全復旧と生活再建を願うばかりであります。

さて、昨日は8月に引き続き、福井県教職員組合主催の第2回政策懇談会に出席。
本懇談会は、福井県教職員組合の県内各ブロックから集まった役員・組合員の皆さんと連合福井の推薦議員が集い、各現場の現況や課題を共有し、改善に努めていくとする場。
この日は、県議・市議合わせ15名の議員が出席しての会となりました。

全体会でのご挨拶の後、各地域に別れてのブロック別協議に移り、私は嶺南ブロックに参加。
嶺南各市町の状況をお伺いするに、やはり一番大きな課題は、教員の不足。
ある市では、週30コマの授業のうち空いているのは1ないしは2コマ、部活対応も含めると本当に教員の時間がないとの声もあり、一人でも配置してもらえれば大きく改善されるとの声もありました。

その他にも、学校支援員、異動、働き方改革、ハード面ではエアコン未設置やシステム管理の課題についても挙げられ、前回同様に細かな課題まで把握することが出来ました。

教育に関しては単一で解決していくことがやや難しく、県、市、県教組それぞれがスクラムを組んで対応を図るべきとも認識しましたので、今後、連携を図り、子ども達の教育環境のさらなる向上と教員の皆さんがより働きがいとやりがいを持って教育に専念することが出来るよう、微力ながら尽力していきたいと思います。

昨日、参加されていた中に、長男が中学時代にお世話になった部活の顧問の先生がおられ、ご挨拶と暫し歓談。
いつまで経っても教え子の成長が気に掛けてくれるのが先生だと改めて感じました。
そして、今やこういった先生方をサポートしていくのは政治の役割でもあると。
今後その思いで取り組むことは、恩師への恩返しにもつながるものと認識した次第。

電力の仲間の皆さんと語らう

ブログ 働く仲間とともに

昨日は、47回目を迎える福井県電力総連代表者会議にお招きいただき、活動報告をさせていただきました。
この会議は、名前の通り福井県内の電力関連産業で働く労働組合代表者が集うもの。
各労働組合の職場は、火力・水力・原子力のエネルギー源に属するほか、職種も発電・配電・送電や営業など多種多種であり、確実に電気を届ける体制の基盤がここにあるといったところです。
 
私のほうは、会議の一部お時間を頂戴し、議員任期開始からの活動内容や敦賀市政・議会のトピックスなどについてご報告。

質疑においては、きらめき温泉リラ・ポートの「ヘビーユーザー」を自負する役員の方から、「今後のリラ・ポートはどうなるのか?」とのご質問をいただき、所管事務調査から携わってきた立場として、事象の経過や百条委員会設置などについて回答させていただきました。
 
特に百条委員会の調査目的に関しては、「あくまでも行政事務の不作為がなかったか」、「今後のリラ・ポートの適正運営」に向けたものであることをご説明させていただきました。
この役員さんのように、ご家族で「ヘビーユーズ」され、温泉を楽しんでおられる皆さんへのサービス低下とならないよう対応せねばと改めて認識した次第。
 
その後も、労組役員時代からともに活動してきた方、新たに知り合うことが出来た方などと有意義に語らい、ヒントと元気をもらいました。
アットホームで結束力が強く、いざという場面で必ず力を発揮する福井県電力総連。
今後もこの心強い仲間とともに、活動を進めたいと思います。

UAゼンセン福井県支部定期総会にて思いを共有

ブログ 働く仲間とともに

ラグビーW杯で盛り上がる中、ドーハで開催されている陸上世界選手権でも日本選手が大活躍しています。
競歩では50kmでの鈴木選手、20kmでは山西選手がダブル金メダル獲得。4×100mリレーでは、アジア新記録で2大会連続の銅メダル獲得。お家芸のバトンパス技術に加え、9秒台を揃える走力も世界を脅かすレベルに到達。
一昔前は夢物語でしかなかった、スプリント競技の表彰台が現実となり、それに甘んずることなく頂点を目指す「リレー侍」。2020東京オリンピックでの走りに夢が膨らみます。
 
さて、昨日はUAゼンセン福井県支部の定期総会にお招きいただき、一言ご挨拶をさせていただきました。
一般の方には、「UAゼンセン」と言ってもピンと来ないのかも知れませんが、正式名称を「全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟」といい、敦賀でいうと東洋紡やアルプラザ平和堂の労働組合が加盟しています。
全国では約180万人が加盟する国内最大の労働組合でもあります。
 
また、私との関係はと言えば、福井県支部唯一の組織内議員であった別所治・前敦賀市議会議員が先の改選を機にご勇退されたことを踏まえ、同じ友愛の仲間としてご支援いただくこととなったものであり、東洋紡績つるが支部さんを始め、日頃より連携いただいているところ。
 
定期総会の場におきましては、日頃のご支援に対する御礼と別所前議員並びにUAゼンセンの皆さんの思いと期待に応えるべく活動にあたることをお誓い申し上げた次第です。
 
本総会には、7月の参議院議員通常選挙で見事初当選された、「田村まみ」参議院議員も駆け付けられ、フレッシュ&エネルギッシュなご挨拶を聞く機会を得ることが出来ました。
ご挨拶を拝聴するに、国会と地方議会の違いはあれど、「働くもののために」との視線は同じであり、各級議会が思いをともにし底上げを図らねばと、改めてネジ巻く1日となりました。
 

 

連帯感を醸成するスポレクのチカラ

ブログ 働く仲間とともに

ラグビーW杯日本代表は強豪サモアに快勝!
初の決勝トーナメント進出も現実味を帯びてきました。
次戦は、通算成績1勝10敗のスコットランド。
ここまで来たら4戦全勝での進出を大いに期待したいと思います。
それにしても、試合前スタンドも一体となって響く「君が代」は、どんな著名な歌手が歌うより感動しました♫
 
さて、昨日は母体労組のソフトボール大会に参加。
管理職の方も含め、各職場から約50名が参加のもと好プレー珍プレーあり、終始笑いありの楽しい時間を過ごしました。
やはり、スポーツレクリエーションの力は偉大。
職場の上司部下の関係であってもグランドではフリー。互いにイジり合い、讃え合いの微笑ましいシーンもあるなど、今後もこの関係を糧に職場の連帯感醸成につながればと思います。
 
会場の愛発公民館は、元々は愛発小中学校。
グランドを見下ろす場所に建つ「躍進」の銅像は、不思議と元気が出ます。
廃校になろうと、ここで学び、巣立った卒業生皆の思いが詰まったシンボルは、今も変わらず道しるべをしているからなのでしょうか。
 

 

 

 

思いは同じ!レールマンと電力マン!

ブログ 働く仲間とともに

昨日は、朝の挨拶立ちからスタート!
強い日差しの中にも、ラッキーな心地良い風。
キラキラ光る敦賀湾を望みながら、アイコンタクトと手振りで交わす挨拶で、通勤される皆さんから元気をもらいました♫
 
3年7ヶ月後に控える北陸新幹線敦賀開業に向け、JR西労組の皆さんと意見交換をさせていただきました。
敦賀駅は新幹線終着点、在来線の両方が存在することになるため、要員配置のバランスも今後変わっていくことや来週にも設立される第3セクター準備会社の組織運営、人材と技術の継承に対する懸念事項など、多岐に亘る課題と実情を認識することが出来ました。
 
そして、同じインフラ産業で働く者として共感した言葉「レールマン」。
電力関連産業における「電力マン」と同じで、鉄道も安全を第一義に、国民生活を支える誇りと使命を持って業務にあたるとする言葉。
とりわけ、JR西日本は尼崎の脱線事故を教訓とし、徹底した安全運行をされている思いがヒシヒシと伝わってきました。
 
今後も定期的に課題認識を共有するとともに、現場第一線の声をもとに、必要に応じ意見提起していきます。
 

富士での学びを胸に敦賀へ

ブログ 働く仲間とともに

昨日2日目を迎えた、富士政治大学校 政治専科「議会活動コース」では、予算決算の見方や地方自治の課題と役割、さらには本大学校の先輩議員との意見交換など、充実した時間を過ごしました。
 
「政策は全て数字に表れている」との意識をもって予算決算の審議にあたること、地方議員は執行権こそないものの、①決定者、②監視者、③提案者、④集約者(民意)の4つの立場があることを常に頭に置き、行動すべきであることを認識した次第です。
 
中央集権のもとでの地方創生は、本質的な創生につながらない。交付金頼みでなく、いかに自治体がアイデアをもって取り組むかが鍵を握るとのことであり、自分自身も、上記③の提案者で活動したいと考えます。
 
さて、こう申し上げながら、研修最終日を残し、本日午後の公務のため、早朝に会場を後にしました。
案件は、先般の定例会で問題となりました、リラポートに関する所管事務調査。市民の関心も高い案件でもあり、こちらは①監視者の立場で、しっかりと調査にあたります。
 
足は職場に、胸には祖国、眼は世界
私の歩んだ道ではなく、私が志した道をたずねよ
 
富士の麓で心に刻んだ、この2つの言葉を胸に、今日も前進あるのみです。
 

原電総連第32回定時大会を開催。祝勝そして必勝!

ブログ 働く仲間とともに

昨日は、東京田町で開催されました母体である原電総連の第32回定時大会に組織内議員として出席しました。
会には、先の第25回参議院議員選挙において二期目の当選を果たした「浜野よしふみ」議員にも駆けつけていただき、先の選挙に対する御礼と今後の国政への思いを述べられました。
 
また、来年1月に施行予定の東海村議会議員選挙に、私と同じく組織内候補として挑戦する「寺門さだのり」氏の必勝決議が行われ、組織の総力を挙げて戦うことを確認し合いました。
定数を20から18に削減するうえ、二期目の選挙ということもあり、大変厳しい戦いが予想されますが、私自身も我がことと思いを同じく、寺門勝利に向け、出来ることを全力で取り組みたいと思います。
 
そして、私の前任の北條先輩も出席され、組織に対して最後となるご挨拶。爽やかに会場を後にされました。改めて、20年間本当にお疲れ様でした!
 
私はといえば、その北條先輩への感謝の言葉の後、6月定例会の報告と市民の皆さん、とりわけ働く仲間の皆さんの声をしっかり伺い、今後市政発展のために尽くすことをお誓い申し上げました。
 
閉会後、大会会場を出ると夕陽に染まる東京タワー。
結成から33期を迎える我が組織。
時代は変われど、創成期からのスピリットを確実に継承し、今後も前進あるのみです。