9月定例会閉会。考えは伝わらず。

ブログ 敦賀市議会

昨日、33日間に及ぶ9月定例会が閉会しました。
 
以前にも述べました前年度決算の審査を本定例会に前倒し(これまでは12月定例会)したことにより、議案としてのボリュームが増えたことから、予算決算常任委員長の委員会報告が35分にも及ぶなど審議内容の濃さも表されたものとなりました。
 
また、最終日に追加議案として提案のありました、市庁舎建設に係る約2億4千万円の増額補正予算に関しては、スペックダウンを図ったうえで、二度に亘る入札不調の要因分析を踏まえつつ、市場の材料、人件費の高騰などの分を見込み、起債として計上したもの。本プロジェクトは既に進行していることに加え、国の財源が当て込める期間内に行うべきものであるとの判断から、認めるものとしました。
市民の皆さんには、その点ご理解いただきたく存じます。
 
当初提案の補正予算案に関しては、「人道の港敦賀ムゼウム」に関する指定管理者選定委員会運営費25万7千円に関し、今定例会を通じた議論では、責任を持って指定管理者を指揮監督する立場の市としての運営管理方針や有識者からなる「新ムゼウム利活用検討委員会」にて挙げられた懸念事項に対する具体的な対応策が説明されていないことから、理事者と議会の議論が不足しており、現時点においては判断出来ないとの趣旨から修正案が提案されました。
私も修正動議を提出した立場から、本会議場において同趣旨からの賛成討論をさせていただきました。
 
修正案は、賛成多数で可決されたものの、閉会にあたっての市長のご挨拶では、「説明は尽くしてきたがご理解いただけなかったことは非常に残念」としたうえで「この結果を真摯に受け止め、直営方式を検討していく」とのありました。
 
市民の皆さんに誤解なきようお伝えしておかなければ、あたかも議会が市長に反発しているかのように捉えられては、私自身全くもって心外なため、敢えて申し付けるとすれば、私が討論の場で述べた通り、本件に関しては、「決定者である議会として議論が尽きていないので判断出来ない」ということであり、「指定管理者制度導入が全くNO」とは一言も申し上げておりません。
 
ですので、真摯に受け止めていただくのは、今一度のご説明と議論の場を切に望んでいるということであることを最後にお伝えするとともに、真意を理事者の皆さんにご理解いただけるよう引き続き対応したいと思います。
 
市民の皆さんには大変、分かりづらく申し訳ございませんが、その点ご理解とご容赦のほど宜しくお願いいたします。
 
次なる12月定例会は、11月26日開会。
今日から準備スタートです。
 

議会は最終日。前向きな良き討論を。

ブログ 敦賀市議会

北は能登半島沖EEZ内での北朝鮮漁船と水産庁の漁業取締船の衝突、南では超大型の台風19号とジャンルの異なる心配ごとが発生しています。
北の件の対応に関しては、過激な意見も挙がってもいますが、まずは海に放り出された約20名の救出を行うのが、日本人の対応というものかと。
 
さて、昨日は、11月14日に開催される「議会報告会」を議題とする広報広聴委員会に出席。
いつも忌憚のない活発な意見が飛び交い、出席するのが楽しみな委員会であります。
楽しみと思えるのは、純粋に市民の皆さんにどう伝え、どう意見を伺うかの視点で良いと思うことを取り組んでいくプラススパイラルの会議だからかと思います。
現に昨日も、以前調整まではされものの実現に至らなかった高校生(敦賀気比高)との意見交換について、年明けに開催の方向で具体的議論もされるなど、この先も楽しみな限りです。
 
9月定例会も本日が最終日。
ここにきて、二度に亘る入札不調を踏まえた市庁舎建設工事に係る補正予算案提出がありました。
また、元々提出されていた補正予算案に対しても、先の予算決算常任委員会にて修正動議が決議されていることから、すんなり閉会とは行かない模様であります。
 
私も既に討論通告をし、補正予算案に対する修正動議に賛成の立場で討論させていただく予定となっております。
詳細は省きますが、「議論を尽くすため、ちょっと待った!」との趣旨での討論であり、今後、前向きな議論のうえで運営方式の判断がされるよう考えを伝えたいと思います。
 
@写真は、修正動議の対象となっている新ムゼウム(現在建設工事中)。
 

第三者目線で見た我が姿にガッカリ

ブログ 敦賀市議会

日本代表チームの活躍もあり盛り上がりを見せるラグビーW杯。
試合中のたくましい姿が嘘のように、浴衣を着たり、けん玉や書道をしたりと、各チームの皆さんが笑顔で日本文化に触れる様子は見ていて本当に微笑ましいものです。
 
また、日本文化は別の視点でも浸透。
お決まりとなった試合での「お辞儀」や、サッカーも含めた日本代表チームの姿を見て、ホウキでロッカールームを「掃除」して帰るチームもあるとのことで、これまた嬉しい気持ちと、そんなお手本になる文化を自然に有する日本人であることに誇りを感じる次第。
 
話しをW杯に戻しますと、今晩は、日本代表の第3戦。
相手はサモア。
テレビの前で全力応援したいと思います。
 
さて、ラグビーの件は、日本人にとって普段当たり前のこととしている生活や文化が、「第三者」の外国人からすると素晴らしいことに映るとの例え。
 
タイトルにある「第三者目線」に関しては、議会が来週8日に最終日を迎えるにあたり、今定例会中の資料やメモを読み返していたところ、ちょうど一般質問のインターネット録画も配信開始されていたため、自分の質疑部分をまさに「第三者目線」でチェックしてみました。
 
(やまたけの一般質問閲覧は、コチラから↓)
http://www.tsuruga-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=832
 
するとどうでしょう、声は通っていない、歯切れは悪い、視線は原稿に落とし過ぎ、しかも自分では全く意識していなかったのですが、ビートたけしばりの引きつった瞬き。
正直、自分でもややガッカリしてしまいましたが、そこは芭蕉さんに学んだポジティブ思考。
やはり第三者目線は、自分を成長させるためにも大切ということで、適宜確認が必要ということと理解。
また、裸の大将にならないという意味でも、自己チェックのみならず、第三者からのご意見や指摘を受け入れる姿勢も持ち続けていかねばなりませんね。
 
ちなみに、先ほどの話し方や視線については、次の機会に反映していきます(笑)
 
さて、本来目的の質疑の内容は把握出来ました。
この週末は、心身のリフレッシュと最終日に向けた思考整理に充てたいと思います。
 

補正予算修正動議、議員定数検討に百条委員会

ブログ 敦賀市議会

「虹かけるためにボタンは合わせけり」
 
日本海上を温帯低気圧が進む昨日、終日強風が吹く敦賀の瞬間最大風速は26.9m。
そんな中、粟野方面にかかる大きな虹に昨日の心境を重ね合わせたのが冒頭の句。
空にかかる虹のように、敦賀を良くしたいと思う気持ちは皆同じなのに上手く伝わらない。緊張感の中にも心を合わせて前に進むにはどうしたら良いのかとの心中を表したものです。
もはや標語のようになっていますが、そこはご容赦のほど。。。
 
さて、昨日の議会は予算決算常任委員会、議会運営委員会での議員定数検討に続き、敦賀きらめき温泉リラポートに関わる百条委員会の第1回を開催しました。
 
私の思いまで記載しますと、超長文となってしまいますので、ここでは事実経過の概要のみご報告させていただきます。
 
◉予算決算常任委員会全体会(補正予算・決算採決)
・補正予算の1項目にある「新ムゼウムに関する指定管理者選定委員会予算(257千円)」に関し、本定例会を通じ、指定管理者制導入を判断するには説明が不足しているとの理由から、「組み換え動議(理事者に対し予算組み替えを求める)」が提出され可決。
・予算決算常任委員会正副委員長(山本は副委員長)にて、市長にその旨申し入れるも、説明は尽くしているとの考えにより受け入れられず。
・予算決算常任委員会を再開し、市長回答を報告。そのうえで「修正動議(議員側より修正予算案提出)」を提出。
・討論の後、「修正動議」可決。
・10月8日(火)の本会議にて再度審議予定。
 
◉議員定数検討・・・敦賀市区長連合会の皆さんの傍聴あり
・議会運営委員会を開催。
・先に各会派、各議員に対して調査のあった「議員定数検討の進め方(各会派ごと)」及び「定数の考え方(各議員ごと)」を集約したものを確認。
・今後の検討の進め方や視点に関しては、上記調査の結果にて包括されているとの判断により、今後各項目の実施順などを整理のうえ検討を進めるものとする。
・検討期限の目途は令和2年度末。
 
◉敦賀きらめき温泉リラ・ポートに関わる百条委員会(第1回)
・委員会は公開。多くの報道機関が傍聴に来られていました。
・第1回委員会では、資料提出対象など、まず調査項目について確認。
・今後の委員会運営に関し、委員会メンバー以外の議員、報道機関を除く傍聴者も多数となることが予想されることから、委員会傍聴の許可基準にある「10名」を「30名」とすること、会場に関しても委員会室ではなく全員協議会室にて行う旨を確認。
 
と、内容盛り沢山の昨日でありましたが、私としては、全ての議論・検討に直接参画させていただけることを意気に感じ、やり甲斐と責任を持って対応させていただいた次第であります。
 
補正予算の修正動議に関して、私は動議提出者に名を連ねる立場として、10月8日の本会議において賛成の立場で討論することを通告しております。
冒頭の句に思いを馳せましたように、新ムゼウムが真に市民に愛され、将来に亘り敦賀が誇る財産となるようにとの思いのもと、何故立ち止まってでも説明を求めているのかが伝わるよう討論に臨みたいと考えます。
 

平成30年度決算の基本質疑・審査を行う

ブログ 敦賀市議会

昨晩帰宅すると、議会事務局よりFAXが届いており、その内容は、「庁舎内でのエコスタイル期間の終了」のお知らせ。
日中はまだまだ蒸し暑く、すっかり季節感を無くしておりましたが、今日から10月。
うっかりノーネクタイで登庁してしまうところ、さりげなくお知らせいただいた議会事務局の皆さんには感謝申し上げます。
 
さて、昨日の議会は、予算決算常任委員会全体会及び分科会を開催。
内容は、今期から審査時期を前倒しした「平成30年度決算」。
 
全体会での基本質疑においては、議員から事前通告のあった60もの項目を各所管部ごとに質疑。
ちなみにここでは、後の分科会での審議を深めるとの趣旨から、自身が所属する分科会の質疑は出来ません。
その後、分科会ごとに分かれ、それぞれが所管する項目について審査が行われました。
 
産経建設分科会では所管する、産業経済部、観光部、建設部、都市整備部、水道部の案件について議論。
初の審査にあたった私の素直な感想としては、多岐に亘る事業を当初計画の達成に向け、的確に執行されているとの受け止め。
一部、当初計画予算と決算との差額が大きいものについては、プラスのものは補正予算にて手続き済み、マイナスのものは入札での費用減などによるものであることも確認出来ました。
ただし、一部の項目においては、当初計画目標に対する事業の達成度評価や取り組みに疑問があるものがありましたので、その点については、次年度計画に反映されるよう意見したところでです。
 
最後の議員間自由討議では、「議論の内容を踏まえ、次年度予算に反映すべき事項が確認されたとの観点から、審査時期を9月に前倒ししたことは評価できる」との意見が挙がりました。
 
私が所属する産経建設分科会が審議を終えたのは20時、文教厚生分科会はさらに終了が遅く、熱心な議論が行われた模様。
遅くまで対応いただいた理事者の皆さんどうもお疲れ様でした。
 
次なる予定は、10月3日の予算決算常任委員会全体会での補正予算・決算採決となります。
補正予算案件には、懸念のあるものが含まれており、こちらも最終調整のうえ審議にあたりたいと考えます。
 

決算審査基本質疑通告を終える

ブログ 敦賀市議会

一昨日、締切となりました平成30年度決算審査の基本質疑通告。通告数は全体で60。
当会派(市民クラブ)においては、財政の健全度や事業の成果、歳入-歳出の差などの視点で決算資料をチェックのうえ、13の質疑通告を行いました。
 
決算審査については、その議論や審査結果を次年度予算編成に反映させるべく、昨年まで12月定例会で審査していたものを今年度から9月に変更したもの。
審査は、9月30日に開催される予算決算常任委員会(全体会・分科会)を皮切りに行われることになりますが、時期を前倒しした趣旨も踏まえ、より良い市政・財政運営につなげるべく審査にあたりたいと考えます。
 
さて、本日は秋の高校野球福井県大会、準決勝2試合が行われます。
「球都つるが」からは、敦賀高校と敦賀気比高校の二校がそれぞれ羽水高校、北陸高校と対戦します。
両校の勝利と、明日「敦賀vs敦賀気比」の敦賀勢対決での決勝戦となることを祈念し、エールと声援を送りたいと思います。

特別委員会2日目。所属委員会に出席。

ブログ 敦賀市議会

都道府県ごとに毎年見直される地域別最低賃金。
福井県においては、10月4日より「829円」(26円UP)が適用となることを踏まえ、その周知を目的とした連合福井の街頭行動が昨日18時より開催されました。
私もマイクを握らせていただき、最低賃金の趣旨や「おかしいなと思ったらすぐに連合に相談を」と訴えさせていただきました。
 
福井県内で働かれている方は、ご自身の時間給を確認いただき、最低賃金を上回っているかどうか確認いただければと思います(チェック項目は写真参照)。
 
さて、昨日の議会は、市庁舎建設対策特別委員会を開催。私は副委員長の立場で出席しました。
市庁舎建替えに関しては、先行して進めている立体駐車場建設が、資材調達の遅れ等から2ヶ月遅れの11月完成予定となっているところ。
 
本体建設工事に関しては、二度の入札が不調に終わったことを踏まえ、10月中に行う3回目の入札に臨む考えや対策、更に不調となった際の影響などについて各委員から活発な意見が挙げられました。
隣接する消防庁舎と合わせ、令和2年度末までの完成を目指す本計画。
スペックダウンも必要かとは思いますが、市民の皆さんからの様々なご意見を伺ったうえでの新庁舎設計でありますので、その辺りのバランス感覚を持って対応にあたるべきと考える次第です。
 
議会のほうは、本日、決算審議に向けた基本質疑の通告締切りを迎えます。
当会派においては、2名での打ち合せの後、通告書を提出。
次週30日に開催される予算決算常任委員会全体会の場においても「事業の成果は数字に表れる」との思いを持って質疑にもあたりたいと考えます。
 

特別委員会1日目を終了

ブログ 敦賀市議会

台風15号の影響による千葉県の停電について、大規模な倒木や土砂災害のあった約190件の残し、復旧が完了したとの報道。
東京電力によると、復旧はしたものの引き込み線の損傷等で停電が継続しているご家庭については、迅速且つ丁寧に対応していくとのことで、早期にご連絡をと呼び掛けをしています。
電気のない不自由な生活を送られた皆さんが、通常の灯りある生活に戻られたことを喜ぶとともに、昼夜を分かたず復旧作業にあたられた東京電力を始め全国の電力関連産業の皆さんに心から敬意を表するところです。
 
さて、昨日の議会は、原子力発電所対策特別委員会並びに新幹線対策特別委員会が開催されました。
私は委員会に所属はしておりませんが、新幹線対策特別委員会を傍聴。
整備工事の現況や駅前立体駐車場の利活用状況、並行在来線、駅西エリア公園整備に関わる調査報告などを拝聴し、概ね順調に進捗している旨確認することが出来ました。
深山側のトンネル工事は、入口に防音扉を設置し、夜間工事も開始したとのことでした(写真参照)
 
本日は、自身が所属する市庁舎建設対策特別委員会が開催されます。
2度に渡る入札不調の対応や工事等への影響といったところが焦点になろうかと思いますが、委員の1人としてしっかり確認していきます。
 

敦賀市歳入歳出決算書 〜数字から読み解く〜

ブログ 敦賀市議会

議会の方は、週が明けると各特別委員会、26日には平成30年度決算基本質疑の通告締切りを迎えるということもあり、昨日は今一度「決算資料」と睨めっこ。
 
「自治体の政策は予算に裏付けられ、成果は決算によって測られる」との教えを念頭に、自分なりに決算書類の見方も試行錯誤し、一通り事業の数字を決算vs決算、予算vs決算の比較式で確認していくと、不思議と見えてくるもの、感じるものがありました。
 
敦賀市の歳出の3割を占める民生費を例にとると、子育てや医療介護、生活保護に母子家庭、障がい者支援など多岐に亘る事業項目とその金額の大きさに、きめ細やかな公共サービスが整備されていることを改めて認識することが出来た反面、その必要性や公で支援する範囲、社会保障の在りようは?など将来の課題も考えざるを得ませんでした。
 
当然、予算に対するプラス・マイナスという見方とも重ね合わせると、自治体として力を入れて執行すべきもの、少しトーンを落としても良いものなども読み取ることが出来る訳であり、前述の教えの通り、成果や課題なるものが浮かび上がってくると、確認するのが何だか楽しくなってきた次第。
 
お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、本日のタイトルは、一昨日の「おくのほそ道を読み解く」と掛けています(笑)
 
「おくのほそ道」は、芭蕉が詠んだ句の意味や足跡の背景を想像し、紀行を丁寧に読み解くように、この決算書も数字の意味合いや狙い、成果なるものを読み解くというように理解していきたいと思います。
 
さて、話しは変わり本日23日(月・祝)と28日(土)の19:00より一般質問録画の再放送があります。私は3番目の登場となりますので、放映されるのは20:30前後からになるかと。
ゴールデンタイムにつき、チャンネル争いでは「やまたけ」の負けは必至かと思いますが、勝利した方は是非ご覧いただけますよう宜しくお願いいたします。
 

産経建設常任委員会を開催。委員会でも熱き議論

ブログ 敦賀市議会

昨日は長男の誕生日。
早いもので「セブンティーン」(古い?)になりました。
 
学校から帰ってくると、野球部の部員やマネージャー、同じクラスの子たちからもらったプレゼントを開梱(写真参照)。
この物量がよくも野球バッグに入ったものと驚きつつ、中には完全にウケ狙いのものもあり、家族で大笑い。
こんな仲間に囲まれてる長男は幸せだなぁと父も嬉しくなりました。
 
さて、そんなホっとする昨晩でありましたが、日中は議会の常任委員会が開催され、私は所属する産経建設常任委員会に出席。
今議会に提案されている議案のほか、産経部、観光部、都市整備部が所管する指定管理者の事業報告について審議しました。
 
議案の目玉は、一般質問でも取り上げた「人道の港 敦賀ムゼウムの設置及び管理に関する条例制定」の件。
いわゆる新ムゼウムの管理に関し、直営・指定管理どちらの方式も選択可としている設置管理条例な訳でありますが、同じく今議会の補正予算に計上されている「新ムゼウム指定管理者選定委員会に関わる費用」と合わせ、これがセットで可決されれば、議会が指定管理者方式を実質認めたものとなることから慎重な審議が必要となっています。
 
一般質問でも述べたように、私は指定管理者方式反対論者ということではなく、「人道や博愛」「平和の尊さ」「シビックプライド醸成」など崇高な理念と目的を持つ新ムゼウムだけに、敦賀市の思いや考えが「継承・保存」され、将来に亘り指定管理者方式で運営することが可能なのかという視点で確認を続けています。
そのことに対する納得ある説明性がないと判断出来ないとのスタンスであり、委員会の場でも一貫して主張しました。
また、他の委員からも同様の視点で多くの意見が挙がりました。
結論として、委員会として要求した説明資料が所管部より提出されたことも踏まえ、「設置管理条例としては」委員会可決となりました。
 
理事者の方からすれば、「十分説明しているのに」と思われるかも知れませんが、私を始め委員会の皆さんも同様「伝わってこない」訳であり、運営の確実性に加え、直営方式ではなく指定管理者方式とすることに有利性があるというのであれば、そのことが伝わるよう説明の方法についてもご検討いただかねばと思い、そのこともお伝えしたところです。
 
委員会は、途中昼食休憩を挟み、約5時間に亘りました。
本来、理事者・議員双方に時間は貴重である訳ですから、会議は効率的に行うべきでありますが、議論の結果はすべて市民の皆さんにも関わること。
今後も、自身が納得したうえで判断するためにも、徹底した議論で「最適解」を求めていきます。