新型コロナまで政争に使うな!

ブログ 政治

東京では60人以上と、過去最多の新型コロナウイルス感染者が確認される中、福井県では12人目の発症との発表。
 
発症が確認されるごとに、杉本知事自らが記者会見の場に立ち事象説明や感染予防を呼び掛ける姿は、まさに責任あるリーダーの行動。
感染はお隣の越前市にまで及んでいますが、敦賀市での発症は何とか食い止めたいところ。
 
その新型コロナウイルス対策に関する国会審議においては、時間を見つけ録画中継を確認している訳ですが、25日に開催された参議院予算委員会における田島麻衣子議員(立憲民主党)の質疑は、「これが国会での論議なのか」と腹立たしいやら呆れるやら。
 
加藤厚生労働大臣に対し、「満員電車での通勤させていることの認識は?」との問いの後、「大臣が満員電車に乗ったのはいつか」、「乗らずしてリスクを背負いながら子どもを送る親の気持ちが分かるのか」と発言。
大臣は「在宅や時差出勤の要請による緩和、せきエチケットの呼び掛けはしているが、相対的に満員電車はリスクが高い」、「リスク管理上、大臣になってからは電車通勤をしていない」と答弁。
 
新型コロナ対策の陣頭指揮を摂る立場の厚生労働大臣に対し、「大臣もリスクの高い満員電車に乗ってこい」と言わんばかりの田島議員の感覚というのは全く理解出来ません。
 
さらに呆れたのは、「東京オリンピック・パラリンピックを1年延期した明確な根拠を示せ」という質問。
ロックダウンの言葉まで浮上し、感染拡大防止に取り組もうという最中、「感染が終息する時期はいつか答えろ」と言っているようなもので、そんなことに明確に答えられる人は日本、いや世界中のどこにいるのでしょうか。
困らせようと言っているのか、真面目に言っているのか、いずれにしても到底理解に苦しむ内容。
 
仕舞いには、「オリパラ延期の時期は、安倍総理の再選を意識したのか」。
結局はそこが言いたかったのかと、思わず「新型コロナを政争に使うな!」と声を挙げてしまいました。
 
世界中が新型コロナ感染と戦っている中、国民の安全や国益を無視したうえに、こんな次元の低い質問をしている国会議員がいることに怒りを通り越し、背筋が寒くなった次第。
 
田島議員の質問に関しては、Twetterなどでは私と同じ感覚で受け止められている訳であり、新聞やテレビでは取り上げられない小さなことかも知れませんが、政治のあるべき姿とは何かという観点で反面教師として留めておきたいと思います。
 

議会の合間に嬉しいお知らせ♫

ブログ 政治

昨日の議会は、予算決算常任委員会全体会にて補正予算に関わる基本質疑の後、各分科会に別れ、所管事項について審査を行いました。
 
自身が所属する産経建設分科会においては、産業経済部、観光部、建設部、都市整備部、水道部に関わる補正予算項目について質疑を行い、国道8号空間整備事業の前倒しなど、実施事業の必要性と費用の妥当性について確認した次第。
 
そのような中、常日頃ご指導いただいている冨士政治大学校より、当校が発行する季刊紙「自治レポート」の掲載記事として、以前に提出した私の「指定図書感想レポート」を採用いただいたとの嬉しい連絡あり。
早速、自宅にもお届けいただきました。

 
レポートは「新しい日本の憲法像」について、自身の思いの丈を記載したものであり、全文は昨年12月19日の「やまたけブログ」に掲載しておりますので、興味のある方は是非、以下アドレスよりご覧いただければと存じます。
 

誇りある我が国「日本」に相応しき憲法に


ちなみにレポートは、日本人として持つべき「中道」の考えとして記載しております。右ではなく真ん中です。

 
議会の合間に頂戴した嬉しいお知らせを励みと自信に変えつつ、歴史を継承する日本国民であることに誇りを持ち、一地方議員であっても政治家は政治家。
 
今は亡き大松先生の教え「胸に祖国、眼は世界へ」を忘るることなく、今後も国家観を持って政治活動にあたりたいと考えます。

新型コロナ対策より桜を優先する姿に憤りを感じる

ブログ 政治

昨日、気比の松原辺りを通ると、時雨模様の中の太陽に照らされ、敦賀湾に浮かぶ「二重の虹」に遭遇。
神秘的な景色に、思わず車を停め撮影しました。

 
かと思えば、今朝起きて外を見ると一面真っ白。
10cm近くは積もったでしょうか。

 
芭蕉が詠んだ、「北国日和に定めなき」とはまさにこのことと笑ってしまいました。
 
さて、笑ってばかりいられないのは国会。
 
新型コロナウィルス対策に関する集中審議を行う、昨日の衆議院予算委員会をネット録画で拝見すると、午前の辻本清美議員に続き、午後の小川淳也、山井和則議員とどの党とまでは申し上げませんが、全て「桜を見る会」の追求。
しかも、午後の2名の追求内容はほぼ同じ、言葉じりを捉え印象操作を図るかの場面もあり、仕舞いには総理の答弁に納得いかないと審議拒否で退席する始末。
 
さらには、予算委員会委員長が再三に亘り「ご静粛に」「質問者以外の発言は控えてください」と注意しなければならないほどの罵声や白々しい「え〜!」の声が飛び交う委員会室の状況は、小学生に見せるのも恥ずかしいレベル。
 
この日はテレビ中継も入るということで、国家を挙げて取り組むべき「新型コロナ対策」より「桜」を優先し、安倍総理批判をアピールする場として使われたのだとしたら、これは許されざることではないと思う次第。
 
勿論、この日登壇した前原誠司議員など、課題に対し真っ当な議論をされた方もおられる訳であり、野党の全てとまでは言いませんが、国権の最高機関としてあるべき姿を見せて欲しいと思うばかりです。
 
愚痴めいた話しが長くなり恐縮ですが、今日の敦賀市議会は、2月25日から始まる3月定例会に向けた議会運営委員会、その後は、最終報告書作成に向けたリラ・ポート百条委員会の準備会等が開催されます。
とりわけ、リラ・ポート問題は、市民の関心ごとであるとともに一日も早い営業再開が望まれている状況であり、百条委員会がどのような調査報告書を提出するのかが注視されているところ。
 
そういった背景や思いも踏まえ、こちらは昨日の予算委員会を反面教師に、冷静且つ建設的な議論にあたります。

大事なことは風評に流されず「正しく怖がる」こと

ブログ 政治

新型コロナウイルス関連肺炎に関して、1月30日に国民民主党が政府に緊急申し入れした10項目の中で、感染症法に基づく「指定感染症」の政令施行を当初2月7日から前倒しするよう政府に求め、これに応える形で本日(2月1日)施行されることに。
 
これにより、具体的な対策の枠が広がる。
 
国民民主党においては、同申し入れにおいて「私たちとしても、国民の健康と命を守るためには政府に協力を惜しまない。その観点から 現時点において考えられる提案をとりまとめた」とのスタンスを示していることも併せてお伝えしておきたい。
詳しくは国民民主党HPにて↓
https://www.dpfp.or.jp
 
また、本件に関する報道を見ていると風評や不安を煽るためなのかと疑いたくなる訳でありますが、目に見えないという意味では放射線と同様「正しく怖がる」ことが大変重要と考えます。
 
そういった意味で、厚生労働省HPの「新型コロナウィルスに関するQ&A」などをご確認のうえ冷静に対処されることが大事なことと思います。詳しくは以下、厚生労働省HPまで↓
https://www.mhlw.go.jp/index.html
 
(Q&Aのポイント)
◉SARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまる。
◉一般的な衛生対策として、咳エチケットや手洗い、うがい、アルコール消毒などを行う。
 
さて、昨日は福井県電力総連代表者会議に出席し、活動報告をさせていただきました。
12月定例会にて「老朽原子力発電所の再稼働を求めない請願」に対し、「風評の流布につながりかねない事実誤認は公の場で正す」との思いに基づき反対討論を行ったこともご報告。
 
コロナも原子力も同様、客観的事実と科学的根拠に基づき、国益に資する現実的対応や施策を進めるのが政治の役割と認識し、今後も行動していきます。

国会と敦賀市議会。同じ追求でも…

ブログ 政治

一昨日記載しました国会の件。
 
昨日の参議院予算委員会では野党から5人の女性議員が登壇し、政権と対峙したものの、国民民主党と立憲民主党の立ち位置は更に如実に表れました。
 
国民民主党が「新型コロナウィルス対策」や「北朝鮮拉致問題」、「自衛隊の中東派遣」などを追求し、「コロナ」に関しては加藤厚生労働大臣から丁寧な答弁を引き出したのに対し、立憲民主党は蓮舫議員などが「桜を見る会」などスキャンダルの追求に終始。
 
立憲民主党の石垣議員に至っては「新型コロナ対策などを質疑したいところだが、我が国の安全の最大の障壁となっている公文書管理や公金管理の問題を質さなくてはならない」と訴える場面も。
 
特に新型コロナに関しては、国民民主党が新たな提言を政府に提言する意向を玉木代表が示すなど、「提案型」政党としての方向性を打ち出しつつあり、真に国益に資する政治の観点から引き続き注視していきたいと思います。
 
さて、昨日は次回証人尋問に向けての百条委員会準備会が開催され、約4時間半に亘り発言通告内容を議論。
追求は追求でも、政権を引きづり下ろすことが目的の国会の一部野党と違い、こちらは適正なリラ・ポートの運営に向け「真実を明らか」にするもの。
 
次回、行政関係者、弁護士などに出頭を求め、証人尋問が行われる調査特別委員会の開催は2月3日(月)。
所管事務調査から8ヶ月に亘り調査してきたこの問題もいよいよ佳境。
しかと準備して臨みます。

※写真は前回の百条委員会開催後の会場

議会の力が未来を創る!

ブログ 政治

やはり「学ぶ」ということは自信と創造性を高めるもの。
 
昨日は、前川和治・敦賀市議会議員にご案内いただき、前川議員自身が事務局を務める「第18回 地方議員特別セミナーin敦賀市」に参加させていただきました。
 
会場の敦賀駅前交流施設オルパークには、10都道府県、22市町より30名の地方議員の皆さんが集まり「どうする?2020年時代の自治体議会」と題し、以下の項目で実例に基づくアイデア満載の濃いお話しを拝聴。

 
①これまでと、これからの議会改革
講師:月刊ガバナンス編集長・千葉 茂明氏
内容:編集長ご自身の全国自治体議会の取材経験から、これまでとこれからの議会について講義されました。
 
②議会の力で地域を変える
講師:可児市議会議員・川上 文浩氏
内容:議会改革ランキングトップクラスの岐阜県可児市議会。これまで議会改革を行なってきた結果、地域がどのように変わっていったのかについて、実践経験をお話しいただきました。

(自動車学校の教習車に例えた「市長と議会の関係」)
 
③ICTで地方議会が変わる
講師:株式会社ICT推進部会CEO・君島 雄一郎氏
内容:ICTタブレットを活用する議会が増加する中、タブレットを実際に使用している議会の事例報告などを講義いただきました。
 
また、二度のグループディスカッションにて、それぞれの議会の課題や取り入れたい改革などを自由に話し合い、理解を深めることが出来ました。

 
本日のブログのタイトルは、②の講師である川上議員が、自身の成功体験と思いを踏まえ、結びに仰った言葉であり、「市民が議会に何を求めているか」を常に頭に置き、信念を持って行動し続ければ、議会もまちも変わると理解しました。
 
知って行わざれば、知らぬことと同じなり。
「知行合一」の精神に則り、昨日学んだこと、勇気づけられた言葉を胸に、理想と目標を持って実践していきます。

国会審議と百条委員会に思うこと

ブログ 政治

昨日から国会は衆議院予算委員会。
 
自民党が新型コロナウィルス対策や経済対策、憲法改正を問うたのに対し、野党(主に立憲民主党)は桜、IR、政治とカネ問題を追求。
戦略があるとは言え、今や世界的な影響にも及んでいて、早急な対策が求められる新型コロナのことについて、野党が全く触れないというのも如何なものか。
 
先般の代表質問で、昨日と同様に時間の殆どを政権批判に費やした立憲(枝野代表)と、改憲や夫婦別姓(少子化対策)など政策論議、対案提示の姿勢を見せた国民民主党(玉木代表)の違いは明らかと映りました。
 
偉そうに物を申す立場にはありませんが、奇しくも野党合流はなりませんでしたので、政権交代を担う野党としてあるべき姿の政党はどこなのか、今後の国会論戦を通じ明らかになることを期待し、注視していきます。
 
さて、私のほうは、次週2月3日、5日と続く百条委員会に向け発言通告書を提出。
両日ともに行政関係者の証人尋問としており、出頭を求める側の責任、さらにはこれまでの調査特別委員会審議の集大成的位置付けとなることの重みなど、思いを込めて14枚の通告書を作成致しました。
 
ひとつでも多く事実関係を明らかにし、問題の解決と市政がプラスの方向に進むよう(問題点を明確にするという意味で)、佳境を迎える調査にあたっていきます。

(写真は24日開催の百条委員会会場入口の様子)

寺門さだのり!2期目の当選を果たす!

ブログ 政治

昨朝は青空広がる天気の中、東浦の海岸線を走り大比田区の総会へ。
日頃より何かとお声掛けいただいていることへの感謝を込め、新年のご挨拶をさせていただきました。
 
その後、東海村議会議員選挙の開票見守りのため茨城県東海村へ。
原子力発祥の地にて、定数18名に対し21名が立候補した厳しい選挙戦でありましたが、原電総連組織内候補「寺門さだのり」氏は5日間精一杯の訴えをし、多くの支援者が見守るなか見事2期目の当選を果たすことが出来ました。


 
多大なるご支援をいただきました地元・関係団体の皆さん並びに活動をお支えいただいた選対メンバーの皆さんに対し、同じ組織内議員の立場として心より感謝申し上げます。
 
東の東海、西の敦賀。
原子力と共存共栄し発展してきたまち同士として、今後も「寺門さだのり」議員とは切磋琢磨しながら緊密な連携を図り、敦賀市政・東海村政の発展に向け取り組んでいきます。

東海村議会議員選挙!戦いの火蓋切られる!

ブログ 政治

先般ご紹介しました東海村議会議員選挙は、昨日14日告示され戦いの火蓋が切られました。

(多くの支持者を前に、熱く思いを語る「寺門さだのり」候補)
 
今選挙より20の定数を2名減としたことにより、与えらえた議席は18。
これに対し、現職18名、新人3名を含む計21名が立候補をしており、大変厳しい戦いとなっております。
 
本選挙には、私と同じ立場、原電総連組織内議員である「寺門さだのり」候補が2期目の当選を目指して立候補しており、昨朝は多くの支持者に見守られ、元気に出陣しました。

(寺門ブルーの青空のもと元気に出陣!)
 
「原子力発祥の地」として、研究や発電を通じて原子力の平和利用に貢献し、これまで原子力と共存共栄してきた東海村の今後を左右するこの選挙。
東海村に親戚、友人や知人がいらっしゃる方は是非、「寺門さだのり」候補にお力添えいただけますようお願いいたします。

(出陣式に集まった皆で、心合わせの必勝ガンバロー!)

決戦間近の我が同志を激励

ブログ 政治

昨日は「原子力発祥の地」茨城県東海村へ。
 
来週14日からの東海村議会議員選挙を控え、私と同じ立場である原電総連組織内議員の「寺門さだのり」議員、労組役員時代からのお付き合いで原子力ユニオン組織内議員の「よしだ充宏」議員の後援会事務所に激励に伺わせていただきました。

(寺門議員を挟み、事務所に駆け付けてくれた佐藤昭雄水戸市議会議員とガッチリ握手!)

(いつも情熱的でエネルギッシュの吉田議員からは、いつもパワーをもらっています!)
 
寺門議員は2期目、よしだ議員は3期目の戦いとなります。
 
選挙前の貴重な時間に関わらず、ご両名とお会いすることが出来、来る戦いに向けた熱い思いを伺うとともに、固い握手にて必勝を期して参りました。
 
黎明期から現在に至るまで、原子力とともに歩んできた点から言えば東海村と敦賀市は同じであり、村政の発展に向け政治活動にあたるご両名はまさに「我が同志」。
そして、今後も必ず必要な存在。
 
定数を2名減し、18の議席を懸けて行われる厳しいこの選挙。
5日間の選挙戦を全力で戦い抜き、19日にはご両名が晴れやかに勝利を勝ち奪れるよう、私も敦賀からエールを送り続けます。

« 古い記事