現在の日本は敵なのか

ブログ 政治

10月3日のチョ・グク法相辞任などを求める大規模集会。
日韓関係に対する韓国世論は今後如何に。

ここ数日、新聞の国際欄を広げると「トランプ政権パリ協定離脱」や「イラン角濃縮準備着手」、「米GSOMIA維持要求か」など、日本と間接的・直接的を問わず関係性の高いニュースが踊る。

イランの動向については、さらなる中東エリア緊迫の高まりとなることから、エネルギー安全保障の問題からも注視すべきであるが、時間軸の関係から言えば、韓国との関係。

今月23日午前0時に失効する「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」の維持に向け、スティルウェル米国務次官補が訪韓し、韓国の康京和外相と会談を行ったとのことであるが、原因は日本の対応にあるとする従来の立場に変化は無いようである。

一方、産経新聞の記事によれば、「韓国では反日的言動は広く国民受けすると思われがちだが実情は単純でない。最近では“反・反日”現象が噴出し、メディアや政権に戸惑いを与えている」とある。

実際、「親日派の清算」を掲げて日韓関係を破壊してきた文在寅政権は、経済的な打撃などにより、今度は反日姿勢のために韓国内で批判にさらされつつあり、支持率もやや低下傾向となっていることが、そのことを証明していると言える。

徴用工問題については、日本政府が一貫して主張している「過去に清算済みの問題である」であるとの考えに私も同意であるともに、新たな韓国議長案に対しては、日韓合意に基づき設立した従軍慰安婦に関する財団を勝手に解散しておきながら、その残金を元徴用工への賠償に回すなど、全くもって自分勝手で理解不能なものであり、受け入れられるはずのない考えである。

奇しくもちょうど1年前の中央日報の記事にこうある。
『日韓の歴史を否定し、「親日派」という非難が最も怖い世の中になる一方、朝鮮王国に侵入した清の傲慢や中国共産党の朝鮮戦争参戦はあまり議論されることがなく「沈黙のスパイラル」だ。歴史の記憶を選別的にして、国の利益をまともに計算できるというのか。日本の偏見さを恨んでも、私、あなた、私たちは冷静にならなければならない。そして問い掛けなければならない。現在の日本は敵なのか。」

こんな考えが示されていたとは思いもよらなかったが、嫌日ムードの中での至極まともな考えと受け止める。
日本国内では「すり寄り外交に変わりつつある」などとの見方はあるが、それこそ冷静に、煽ることなく、韓国内の政治主導で真っ当な対応をされることでしか解決の道はない。
大局を見れば大事な隣国であることに変わりなく、自浄作用を期待したい。

偉そうな評論家ブログとなってしまった感が否めませんが、感じたままということで本日のところはご容赦願いたい。



雨男発言への対応に思う

ブログ 政治

市役所前からプラザ萬象前に移設された「平和の女神像」

突然ですが、敦賀の皆さんは、この写真の光景にお気づきでしょうか?
違和感なくプラザ萬象前の交差点に設置されている「平和の女神象」ですが、これはこれまで、市役所入口に設置されていたもので、今後の庁舎建替工事との干渉もあり、この場所に移設されたものです。

家族に聞いても「言われればそうだったかも」ということからすれば、「座りが良かった場所」なのかとも思いますが、「市内のプチねた」として気に掛けてご覧いただければと思います。

さて、相次ぐ自然災害発生のせいか、このところ特に気になるのは天気予報。
今日からは全国的に晴れ間が続くとのことで、やや安心といったところ。

そのような中、報道で槍玉に挙げられていたのが、河野太郎防衛大臣の「雨男」発言。
ご自身の政治資金パーティーにおいて、「私はよく地元で雨男と言われた。私が防衛相になってから既に台風は三つ」と発言し、会場からは笑いも起こったことに対し、発言は軽率との「問題視される可能性もある」との報道。

私も以前は「雨男」と呼ばれていたことから、どうなることやと注視していましたが、これに見事な対応をされたのが、熊谷俊人千葉市長。

ご自身のTwetterにおいて、「被災地の首長として全く気になりません」「問題視される可能性もある。等の世論誘導的な文末の悪癖を治した方が良いと思います」とピシャリと発信。

被災地の首長がそう言うのだから、それ以上のことはないと言うことでしょうし、一日も早い復興に取り組む中、そんな発言一つに構っていられないというのも本音の部分と推測するところ。
そして、ここで露呈されたのは、「ご都合主義の切り取り報道」。

以前にも述べました熊谷市長の毅然とした対応と行動に敬意を表するとともに、特にテレビのニュースで流れる「問題」の本質を見抜くことが肝要と改めて認識次第。
「報道の真実」の言葉が過去のものとなることのなきよう、一国民としても切に願うところである。


日韓対立に関し米識者が真っ当な見解

ブログ 政治

今日は「山の日」
 
元々、日付けに意味を持たない祝日とのことですが、2020年は東京オリンピック閉会式翌日の8月10日になるとのこと。
ますます意味を持たない祝日になる気がしますが…。
 
さて、激しさを増す日韓対立ですが、ここに来て米国有数の韓国研究識者スコット・スナイダー氏の見解が発表されています。
内容は「今回の対立では、韓国の文在寅大統領が国内政治のために対外政策を利用し、対日関係を犠牲にする形にした」との趣旨。
また、国交正常化などを取り決めた日韓基本条約に違反するとして「文大統領が国際条約の順守を怠ったことの責任」を批判するとも述べられています。
 
客観的且つ国際的観点からの視点で述べられたのか、北朝鮮との経済連携をほのめかす韓国に対する牽制球なのか。
真意は分かりませんが、私としては至極真っ当な見解と受け止めます。
 
この後、注視すべきは日韓軍事情報包括保護協定の延長に両国がどう対応するのか。
いずれにせよ、第三者国や国際的意見をもとに、両国が歩み寄るターニングポイントを見出すべきと考えるところです。
喧嘩を喜んでいるのはどの国なのかを考えないといけません。
 
昨日はオフ時間を活用し、観たかった映画「アルキメデスの大戦」を鑑賞。
菅田将暉君の演技に引き込まれつつ、国家とは何か、先の戦争は何であったかを考える機会となりました。
お盆休みに入る方も多くいらっしゃると思いますので、是非ご覧いただければと紹介させていただきます。
 

一体どこの国の領土なのか

ブログ 政治

昨晩は、福井県原子力平和利用協議会主催のセミナーに出席。「目指すべきコミュニケーションのあり方」と題し、信頼関係を得るための理解活動について講義を拝聴させていただきました。
情報を押し込むむのではなく、相手の知りたいことをお伝えする。見解の相違がある方に対しては、目的・趣旨などで共通点を見出し、同じ方向性を目指す同士であることを認識し合うことなど、議会活動にも通ずる多くのヒントをいただきました。
 
話しは変わり、竹島周辺で領空侵犯を犯したロシア軍機に対し、韓国が警告射撃をしたとのニュース。
竹島は我が国の領土と言わんばかりに反応する韓国に対し、菅官房長官の記者会見内容は、①両政府に抗議、②再発防止を求める、③領有権に対する我が国の立場に照らし極めて遺憾とのコメント。
しかも映像を見る限り感情なく淡々と…。
 
これでは、本気で怒っているとは到底思えません。
ただでさえ実効支配を狙われている竹島。
決して警告射撃を肯定するものではありませんが、国際的にこの日韓両国の対応を見て、竹島はどちらの国の領土なのか疑問符がつくのではないかと危惧するところです。
 
ホルムズ海峡の対応を含め、綺麗ごとだけで済まない、目の前にある国際情勢にどう対応するのか。国民ひとり一人が見過ごしてはならない、現実的な課題であると考えます。