伝統と歴史ある企業はまちの宝!

ブログ まちづくり

今議会の一般質問で取り上げました「嶺南エネルギー・コースト構想(仮称)」。福井県が平成17年より進めてきた「エネルギー研究開発拠点化計画」を発展させるとして、杉本知事のもと計画策定を始めるものでありますが、一昨日その初会合が開催されました。
知事の「新計画は社会のための科学にしなければならない」との考えには大いに賛成であるとともに、私からも主張したように、「敦賀エリアを我が国が誇る原子力・エネルギー研究開発の拠点」とすべく、今後具体的計画が策定されることを期待し、提言していきたいと考えます。
 
昨晩は、東洋紡績労組つるが支部の支部委員会にお邪魔をしご挨拶の機会をいただきました。「TOYOBO」は、親父が長年勤めていた会社ということもある訳ですが、創業者は「日本資本主義の父」と呼ばれたかの有名な渋沢栄一氏。「東洋一の紡績会社を目指す」とし命名され、1882年(明治15年)に創業した会社です。

 

現に東洋はおろか昭和初期には世界最大規模の紡績会社に成長した企業であります。その後、繊維需要の低下もあってか、創立130周年の2015年には、社名から「績」の文字を取り「東洋紡」に変更。
従業員の皆さんにとっては様々な思いがあったかと思いますが、経営者の「変化する」との強い決意と覚悟が示されたものと受け止めます。

 

今では、エアバックのシェアは世界にも誇るレベル、身近なところでは、温かいペットボトルのオレンジのキャップはほぼ東洋紡製。
バイオ技術など、様々な分野で素晴らしい研究開発と技術力を発揮しています。

東洋紡のPR担当では無いのですが、変化し、さらに成長を遂げる企業の強さを感じるとともに、創業から140年を越える歴史と伝統を有し、敦賀の地に根を張り企業活動を続けている、まさに地域の基幹産業です。

この東洋紡を代表とし、敦賀には日本に誇る技術を持つ企業が他にもある訳であり、行政としても「ものづくりのまち」であることを市内外にアピールし、若い方が地元で就職し、定住(U・Iターン含む)してもらうことに取り組むべきでないかと思う訳であります。

6月定例会で、まさにこのことを意図し、「敦賀ものづくり産業懇話会」と連携しての取り組みを要望したところ、理事者からも「今後取り組んでいく」旨の回答を頂戴したところです。

歴史といってもジャンルは様々な訳ですが、私としては、地域に根差し、まちの発展に貢献してきたもの全てが「このまちの財産」との思いを持って、今後とも取り組んでいきたいと思います。

鉄道と港、そして野球のまち敦賀

ブログ まちづくり

昨日、一般質問の再放送についてご案内しましたところ、視聴いただいた方から励ましのメッセージなどを頂戴しておりますことに対し、この場を借りて御礼申し上げます。
 
さて、昨日は秋の高校野球観戦に。
というよりも母校であり、長男が所属する敦賀高校の応援にと言ったほうが正しいか…。
試合のほうは武生高校に勝利し、ベスト8進出。
敦賀勢は、この日惜しくも敦賀工業が敗れたものの、敦賀気比高とともに8強に2校進出。
選抜につながる北信越地区大会への切符は3枚。
是非ともその切符を掴めるよう敦賀勢の勝利に期待したいと思います。
 
野球に関して言えば、一般質問でも取り上げた敦賀市営野球場の問題。
球場外飛球によるトラブルに端を発した利用停止。
その後、調整が図られ、2年前からはルールを定め利用再開とはなっているものの、試合はおろか打撃すら厳重管理(完全なる外部飛球防止措置要)のもと可能としており、実質「球音の聞こえない球場」と野球場の体を成していないのが現況。
私は、条例にも定める市の保有施設であるが故、本来の機能に戻すのがあるべき姿との考えのもと、市側が利用拡充を目指すと答弁したその後の対応をどうしているのかと質問した次第です。
 
質問の場では時間の関係から、思いを伝えきれませんでしたが、タイトルの通り、敦賀は「野球のまち」です。
 
一度「球都」と調べていただくと分かるのですが、野球の盛んなまちを意味するこのワードを名乗るまちは日本に4つしかありません。
群馬県桐生市、千葉県木更津市、愛媛県松山市、そして福井県敦賀市であります。
こう呼ばれる所以は、大正から昭和にかけて「北陸に敵なし」と恐れられ、7年連続甲子園出場(あの早稲田実業と同じ)の敦賀商業学校の歴史にあります。
 
全身の敦賀町立商業補修学校として設立されたのは明治34年のこと。その後、明治39年には町立敦賀商業学校へ、大正7年には県立に格上げされ、敦商(とんしょう)と市民から親しみを込めて呼ばれていたそうです。
 
当時の敦商野球部に纏わるエピソードは新聞記事や私立図書館特別室に保管されている「福井県立敦賀商業学校野球部外史」にリアルに記載されているので、その一端を紹介します。
 
◉当時、野球部員は、気比の松原の砂浜で練習し「砂野球」とも呼ばれていた。
◉その後、金山旧練兵場(現在の桜ヶ丘)での練習となったが、往復8キロ、バックネットを背負っての移動であった。
◉それに見兼ねた敦商の生徒や保護者、市民までもが声を挙げ、校舎横に自らの手でグランド創設。
◉グランド創設の大正13年は、何と甲子園球場と同じ。
◉効率的な練習が可能となった敦商野球部はめきめき力をつけ、翌大正14年には甲子園初出場。
◉以降、7年連続出場、北陸大会は10年で8度優勝し、「北陸に敦商あり」と呼ばれた。
◉この活躍により、福井県は知らずとも「敦賀」の名前は全国に響き渡った。
◉7年連続甲子園を率いた外海(とのかい)監督は、一度退くものの、甲子園出場を逃した悔しさから、野球部員は外海氏の自宅に押し寄せ直訴。
◉心打たれた、外海氏は再度監督を引き受け、営んでいた貿易商を余所に熱血指導に打ち込み、部員は猛練習に耐え、再度甲子園出場を果たす。
◉晩年、病床の床につきながら外海監督は、金山旧練兵場跡に立つ国立病院の窓の外を眺めながら、思い出に振り返り外史を著す。
 
話しを元に戻しますが、このような人間ドラマあふれるエピソードが、大正から昭和初期にかけて、あの松原のあの市営野球場を舞台にしてありました。
 
その息吹や思いは、その後、敦賀高校に受け継がれるとともに、野球は市民のスポーツとして、市営野球場は、球都つるがのシンボル、聖地として存在し続けています。
敦賀気比高が選抜優勝を果たしたのも、敦賀にこのルーツがあったからなのかもしれません。
 
ですので、単に古い野球場としてではなく、敦賀の野球の代名詞として、100年の歴史が詰まり、市民に愛され親しまれ、敦賀っ子の憧れの場所であるこの球場を大切にすることこそが、歴史と先人に報いる、それこそシビックプライドにつながるものとして、関係者の皆が思いを共有し取り組まねばならないことだと思います。
 
引き続き、このことは主張していきたいと考えます。
 
本日は大変長くなりましたが、思いの丈が詰まったということでご理解、ご容赦いただけますよう宜しくお願いいたします。
 

 

 

 

 

氣比神宮例祭・敦賀まつりが始まりました!

ブログ まちづくり

心配された天気も何のその、昨日より敦賀まつりが始まりました。
 
「氣比神宮例祭」として、市民から「けえ(氣比)さんまつり」で親しまれる伝統行事は、例年2日からの宵宮祭、3日神幸祭、4日例大祭、5日より10日まで後祭、15日の月次祭をもって終わるため、「氣比の長祭」としても有名なお祭りでもあります。
 
お祭り初日の昨日は、日曜日、市内各団体によるカーニバル大行進開催と重なり、もの凄い人出。
まさにちびっ子からおじいちゃん・おばあちゃんまでが集い、氣比神宮を中心にあふれんばかりの賑わいでした。
 
私は、職場の「げんでん」よりカーニバルに参加。
といっても踊りでは無く、脇でシャボン玉を飛ばす係でしたが、参加に意義ありということで、ひとまず良し(^^)
盛り上げに一役買った、カーニバルに参加された26団体の皆さまは、大変お疲れ様でした。
 
今日は、相生・神楽のお祭り広場が開場となります。
市内外問わず、お祭りの地に足を運んでいただければ幸いです。
 

 

台風10号を踏まえ敦賀大花火大会は中止

ブログ まちづくり

熱闘が続く甲子園。
 
昨日は敦賀気比高校が大差で勝利し、3回戦進出。
これで高岡商、星稜、敦賀気比と北陸三県代表は全て勝ち残り、真紅の大優勝旗を北陸の地に持ち帰る期待はますます高まるばかりです。
 
それにしても熱闘と同じくこの暑さ。
明日の敦賀の予想最高気温は37℃とのことですが、炎天下の中プレーする高校球児と同じく、熱中症予防に心掛けて乗り切るのみです。
 
また、超大型の台風10号の進路予想から、今回で70回目を迎える予定であった敦賀花火大会は中止の判断と相成りました。
開催準備にご尽力いただいた関係者の皆さんの無念、心中お察しするところではございますが、市民、観光客の皆さんの安全確保を優先した中止判断は致し方ないものと考えます。
 
各地でも台風襲来を踏まえたイベント中止が相次いでいますが、大きな災害とならないことを願うばかりです。
夏の風物詩、敦賀港開港120周年を記念した16,000発の花火打ち上げは叶いませんが、その分の期待も込め、敦賀気比高校の勝利で甲子園に大花火が打ち上がりますことを祈念し、応援したいと思います。
 

進む、道路と河川の整備事業

ブログ まちづくり

昨日は、「都市計画道路岡山松陵線道路整備期成同盟会総会」並びに「二級河川笙の川整備促進協議会」に出席。
 
平成24年に着手した岡山松陵線。いわゆる、さかな街の交差点からヨーロッパ軒金山店交差点までをつなぐ道路について
は、年内の完成と供用開始に向け工事を進めているとの説明がありました。
先般も投稿しましたが、これにより敦賀南スマートICから松原まで幹線一本でつながるなど、利便性が高まることが期待されます。
 
また、その後の笙の川整備に関しては、平成27年から河川整備に着手。16年の工事期間を掛け、松原から木の芽川合流点までを区間①とし改修事業を、木の芽川合流点から黒河川合流点までを区間②とし、緊急対策事業を行うとのこと。
なお、整備の全体工程については、今年度調査を行った上で、来年度のこの場で示せるよう努力するとの考えが示されました(県土木より)
 
上記二件は、地域住民の要望或いは最も大切な安全を守るための事業であり、今後計画的且つ確実に進められることを機を捉え確認していきたいと思います。
 
さて、話しは変わり、北陸地方は梅雨明け。
夏本番を迎え、敦賀の各海水浴場が多くの方で賑わい、思い出を作ってもらえることを願うばかりです。