敦賀市立看護学校の皆さんとワークショップを開催

ブログ まちづくり

本日から12月17日までの会期にて12月定例会。
会期中、リラ・ポートの指定管理に係る特別調査委員会(百条委員会)による調査を並行して進めることに加え、議員定数に関わる区長連合会との意見交換も開催されるなど、盛り沢山でありますが、自身の考えを持って適切に対応していきたいと思います。

さて、11月13日の投稿にてご紹介しました、100年企業「丸善雄松堂」。
同社が敦賀駅西エリアに整備する「知育・啓発施設」に関しては、
①市民の皆さんが参加するワークショップなどの体験を通じて、新たな学び、楽しみ、喜びを発見し「敦賀で暮らすことが楽しい」と思える場を提供する。
②そのため、開業前の準備期間には、市民や学生、行政との共創ワークショップを開催し、ニーズを汲み取った市民参加型の施設づくりとする。
との考えを示しておりましたが、昨日、②のキックオフとして「敦賀市立看護大学」の学生さんとのワークショップ(WS)が開催されました。

看護大学食堂でのワークショップの様子

WSは、市役所の担当課の皆さんと丸善さんが合同で運営。
時間の有効活用、話しやすい雰囲気づくりからランチミーティング形式とし、20名弱の学生さんが参加。
施設コンセプト説明の後、施設を「何に使いたい?」、「誰と一緒に使いたい?」、「どんなイベントに使いたい?」のキーワードでフリートーク。

テーマは「敦賀のまなびの未来を考えよう」

付箋紙に書き出されたアイデアの中には、海鮮丼が食べられる店、足湯、スタバ、お年寄りやお母さんが休める場所に…などなど女の子らしくも敦賀のPRポイントを抑えた意見が挙げられました。

付箋に書き出された学生さんのアイデア

このWSは、今後も各層に対して開催していく予定ですので、案内あらばお気軽に参加いただければと思います。

将来に向けた明るいテーマのせいか?学生さんも関係者の皆さんも、さらには報道陣の皆さんまでもニコニコ笑顔のひと時。
掲げるコンセプト、「本屋でも図書館でもない、新しい発想の施設!」に市民の皆さんのワクワク感と期待を高めつつ、にぎわい創出の実現に向け、ともに取り組んでいきます。

初めて入った看護大学。内外ともに綺麗なキャンパスでした。

北陸新幹線敦賀開業の息吹はここにも

ブログ まちづくり

前回訪れた際には気付かなかったのですが、高松駅の出発メロディーは「瀬戸の花嫁」。
新幹線開業に合わせ、敦賀駅でも思い切って「敦賀スキスキ」でも流したらどうか(超ローカルソングですが)などと思いながら、昨朝は、この優しいメロディーに見送られ四国を後にしました。

坂出市から望む瀬戸大橋(奥に見える橋)

また、気づきと言えば、途中乗換えた京都駅。
中央口を入ると目の前に開けるのは、北陸方面行きのホーム「0」番線。
この案内にある「金沢のりかえ北陸新幹線」の文字も「敦賀のりかえ」に書き換えられると思うと、ここにも息吹を感じるもの。

3年4ヶ月後に乗り換え駅は「金沢」から「敦賀」へ!

そして、多くの人が待つ0番線ホームを眺め感じたことは、関西方面から見た敦賀は、新たな「出発点」になるということ。

人があふれる中央口を入ると、そこは0番線。

終着点と出発点、言葉でイメージが異なる訳ですが、そこは古くから物流拠点の敦賀。
両者が持つ意味合いをミックスした思考で、より多くの人が降り立ち、賑わうまちとなるよう進めていかねば。
敦賀開業までの3年4ヶ月は、長いようで短い。

ダイヤモンドプリンセス号寄港で湧く敦賀

ブログ まちづくり

夕陽に映えるダイヤモンドプリンセス号

週末のイベントが続く敦賀ですが、昨日の目玉は、大型クルーズ客船ダイヤモンドプリンセス号の敦賀寄港!

マンションのような客船の乗船員は、世界各国から2,700名とあって、まちを挙げておもてなすべく、まちの中心街では各種イベントも開催されました。

まさに海に浮かぶマンション

私もダイヤモンドプリンセス号を間近に見るべく鞠山港へ向かうと、ここでもオンサイトイベント。
何と!地元粟野地区が誇る「スコップsounds」が自慢のスコップ三味線を披露、外国人を呼び込んでのコラボで、会場も大盛り上がりの雰囲気に私まで嬉しくなりました。

異文化中の異文化、スコップ三味線!

また、きらめきみなと館での観光物産展、神楽通りでの「けひさんアートマルシェ」では食とクラフト、敦賀駅から気比神宮にかけては「ツルガアルクエスト」と題し、謎解きクエストや音楽ライブなどが行われ、市民も観光客も入り混じって楽しんでいらっしゃいました。

人道の港ムゼウムや敦賀鉄道資料館も回ったところ、特にムゼウムには館内一杯の方が訪れていました。
館員の方に聞くと、昨日はやはり外国人の割合が多く、涙を流される方もたくさんいらっしゃったとのことでした。
助け合う心に感動するのは人類共通。
新ムゼウムにもしっかり継承していかねばと改めて感じた次第。。。

ムゼウムのシアタールーム。多くの方が訪れていました。

この大型クルーズ客船、来年は敦賀に4回寄港されるとのこと。
今回のような形のイベントに加え、例えば松原での地引き網体験など、敦賀ならではのオンリーワンのイベントにより、乗船員の思い出に残るようなアイデア、より市民一体でおもてなしする方法も考え、提言出来ればと思いますので、皆さんからもドシドシご意見いただければと思います。

昨日午前は、嶺南ケーブルネットワーク(RCN)開局30周年式典に出席。
式典後に拝聴した講演会での印象的な言葉。
「楽しい場所、楽しんでる人のところに人は集う」
「こんなところと思っている場所に人は来ない」

記念講演では目から鱗の話しを拝聴

昨日のアットホームで笑顔あふれる、まちと人の雰囲気こそ敦賀の魅力であり、今後の原動力と大いに感じた1日となりました。

新幹線は地域と地域をつなぐもの

ブログ まちづくり

タイトルを読むと「そりゃそうやろ」との声が聞こえてきそうですが、昨日出席する機会を頂戴しました、国土交通省鉄道局長の水嶋智様のご講演から感じたのは改めてこのキーワードでした。

Facebookにも記載したのですが、この講演の内容を会場の皆さんだけのものにしておくのが勿体無いと感じましたので、本日はその概要を議事メモ的に書き留め投稿に代えたいと思います。

まず冒頭の高木毅衆議院議員のご挨拶から。

北陸新幹線金沢開業は3月14日。鉄道ダイヤ改正が3月中旬であることとの関係と思うが、そうとすれば敦賀開業は2023年の3月11日(土)若しくは18日(土)になるのではないか。
敦賀開業以降、小浜ルートを「切れ目なく」工事をし、つなぐとの観点において、最大の課題は2兆1千億円と言われる財源。
2023年度予算をどこから捻出していくかがネックであるが、敦賀終着駅効果ではなく、早期に新大阪までつなぐことが重要とし、今後も取り組む。

次に、水嶋鉄道局長からのご講演概要。
議事メモ的に記載しますがご容赦のほど。

思いを込めてご講演される水嶋鉄道局長

◉水嶋局長が敦賀を訪れたかった理由
・敦賀は、物流の拠点、港と鉄道のまちとして栄え、国交省そのもののまちであること。
・古より大陸からの入口は日本海。20世紀初頭の貿易拠点に挙げられ、当時の世界地図にも刻まれた大変興味あるまちであること。

◉新幹線について
・速度スペックは320km/hであるが、騒音の問題あり。北陸は260km/h運行。
・現在、新幹線利用者は年間4億人(外国人含む)
・国鉄末期の昭和50年台は、工事が停滞したが、分割民営化以降は新幹線整備が進んでいる。
・他エリアの新幹線は、何かと調整事項があるが、敦賀にはあまり無いため最も盛り上がれるまちではないか。

◉北陸新幹線について
・小浜ルートまで完成すれば、小浜−新大阪間は17〜18分となる。
・北陸新幹線は改良に改良を重ね、雪には強い。その代わりトンネルも多い。
・金沢開業により、北陸から関東への結び付きが強くなった。
・国は観光立国を掲げているが、人口集積地から地方へ活力を与えることも狙いのひとつ。
・本当に作業員がいない、資材の高騰などで、当初予算では足りなくなりつつあるため、次年度予算の財源確保を目指し、取り組んでいる。

◉敦賀以西について
・敦賀〜新大阪間の計画が遅れを取らないよう、環境影響評価の手続きが実施されている。

◉新幹線と観光地域づくり
・敦賀の方は東海道回りの方が近いと思われるかもしれないが、北関東は圧倒的に敦賀と近くなる。
・例えば埼玉の大宮は130万人都市。埼玉県は800万人が住んでおり、今後沿線内の交流を盛んにしていくとの発想が必要。
・函館に仙台の方が多く訪れるようになっている。日本中の地域の結びつきは強まってきている。
・15年間で訪日外国人旅行者は6倍に増え、3,000万人に。
・福井県は欧州からの観光客がやや多いのが特徴。各まちごとに、状況に応じた戦略を立てることが重要。
・国の観光ビジョンでは、2020年には4,000万人訪日、ひとり20万円使う試算で8兆円、2030年には15兆円を目指している。

◉その他(敦賀の可能性や質疑応答など)
・昨日、金ヶ崎緑地を訪れたが、市民の皆さんや高校生が一体となって55万球のLEDを設置し、そこに機関車のネオンがあることに感動した。
・これに表れる敦賀人の手作り感や心意気こそが、成功の答えと強く感じた。
・先般の千曲川車両基地水没に関して、敦賀の方はと言えば、ハザードマップも確認し、13mの盛土を行っており問題ない。
・台風被害による北陸新幹線の運行については、唯一互換性のある上越新幹線との車輌受け入れなどにより稼働率を上げるべく対応しており、年度内には100%復旧、輸送力を高めるべく進めている。
・滞在型観光(宿泊)については、朝・晩にイベントを催し、敦賀に泊まらないといけない理由をつくることが肝要。
・丹波篠山では、古民家改造による「まち全体が宿泊所」のコンセプトのもと、大きな古民家を宿泊受付、レストランとし、街中に人の流れをつくることで、店も出店してくるなど効果を挙げているところもある。
・新幹線は、エリア全体の知名度を上げる、沿線価値を上げる効果があるとともに、地域と地域の関係性を高めるものである。

以上、議事とさせていただきます。

ハードをまちづくりにどう生かすかは、その土地に住む皆さんの思いと心意気!
局長が仰られた、「成功の答えが敦賀にはある」との言葉を胸に、その輪を広げ、市民全体で盛り上げていきましょう!

浦っ子パワーは地域のチカラとタカラ!

ブログ まちづくり

青空と敦賀湾を望んでの東浦ドライブは気持ち良し。
昨朝は、来春より県内初の小規模特認校制を導入する東浦小中学校の「浦っ子発表会」に伺いました。

生徒の創作劇やダンス、見守りボランティアへの感謝の集いのほか、親子ふるさと学習なども行われるとあって、会場の体育館内は地元の皆さんで盛況。

なかでも、小学4・5年生による「東浦みかん(株)」、中学生の「〜社会体験活動バラエティ〜敦賀の果てまでイッテ九」と題した創作劇は、思わず見入ってしまうほどのストーリーでした。

とりわけ「東浦みかん(株)」については、本校が実際に「東浦みかん」を杉津SA(北陸自動車道)で出前販売をするなど、地元名産のPRに取り組まれていて、この日の「東京オリンピック会場で東浦みかんを販売する」ことを目標に置いたストーリーにも思いが込められていました。

創作劇「東浦みかん(株)」は、思いあり、笑いありで会場も盛り上がりました。

粟野南小の「芋粥プロジェクト」に劣らぬ「東浦みかんプロジェクト」。
小中合わせて26名の学校とは思えない、浦っ子の元気とパワーを感じた次第です。

来春からの小規模特認校制導入にあたっては様々な課題が生じるかもしれませんが、豊かな自然に囲まれ、地域と一体となったアットホームな校風の中で育くまれる優しさや伸び伸びとした環境が最大限発揮されるよう対応にあたりたいと考えます。

校門横に掲げられた「東浦みかんプロジェクト」の横断幕。

この日は、みかん狩りも観光バスや家族連れなどで大盛況!
オレンジのみかん袋を下げたお客さんが沢山歩いている姿がありました。

地域ぐるみで地元の歴史や文化、食を大切に思い、継承していくことこそ「我がまちづくりの原点」であることを肌で感じる良き日となりました。

まちの歴史と未来を感じる「航空宇宙博物館」

ブログ まちづくり

各務原での航空産業の始まりとなった記念すべき機体を再生

各務原市との議員交流会2日目も快晴。
青空のもと悠々と流れる木曽川、広がる平野は何か雄大に感じる。

視察のほうは、各務原に拠点を置く製薬会社のエーザイが開設している「内藤くすり記念館」、昨年リニューアルした「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」と続きました。

「内藤くすり記念館」は、創設者の内藤豊次氏が「薬学・薬業の発展を伝える貴重な史資料が失われる恐れがある」と考え、多くの方の協力と資料寄贈(その数65,000点にも及ぶ)のもと、薬学の歴史と医学史の研究・調査活動を行うため開設したものでありました。

川崎重工を始め多くの企業がある各務原市でありますが、こちらも地元に根を張り、まさに「各務原で歴史を残す」といった企業の思いを感じました。

企業博物館ランキングで全国5位にもなった「内藤くすり記念館」

次に「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」。
これまで市で運営していたものを、昨年のリニューアル以降は岐阜県からの補助も得て運営している、「まちのシンボル」的施設で愛称は「宇宙博(そらはく)」。
同行いただいた各務原市議会の方も「大きく変わった」と胸を張っておられることを表すかのように、平日にも関わらず多くの来館者で賑わっていました。

青空に映える「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」

リニューアルにあたってのコンセプトは、「宇宙部門の充実」。
人類の宇宙への挑戦の物語と最新テクノロジーを発信する「宇宙エリア」をテーマに、宇宙航空ステーション(ISS)で最大の実験モジュールで日本初の有人実験施設「きぼう」の1/1模型や「はやぶさミッション」、「火星探査車マーズ・エクスプロレーション・ローバー」などが並び、子どもはもちろん、大人にとっても夢とワクワク感が高まる空間でした。

2階面は夢の広がる宇宙への挑戦空間
「きぼう」の実機モデル。内部も精巧に再現されています。

実際にこのモデルを見た日本人宇宙飛行士からは、「実機とそっくり」とのお墨付きをもらったとのことでした。

航空部門においては、先の大戦で使用された岐阜を生まれとする「飛燕二型」の展示。
終戦後は紆余曲折を経て、日本航空協会所有のもと鹿児島県の知覧特攻平和会館に貸与されていたものを、製作者の川崎重工は日本航空協会へ、行政は南九州市へ粘り強く働き掛け、当展示館での展示に至ったとのこと。

ここでの想いは、「飛燕を故郷に」であったとのことであり、官民がともに汗を流した成果と言えよう。

川崎重工業岐阜工場での修復を経て展示される「飛燕二型」

このほかにも話し始めると切りがないのですが、冒頭の写真にある各務原での航空産業の始まりとなった記念すべき航空機「サルムソン2A2」。
第一次大戦末期の主力偵察機を平成7年に復元製作(木製)されたもの。
各務原飛行場で初飛行したのが大正12年、その後各務原で300機が製作されたとのことで、このまちの航空産業の歴史を語るに相応しい1機である。

我がまちにある産業と歴史(航空)を大切にし、夢や希望ある未来(宇宙)を同時に語り継ぐ、この航空博物館は、まさに「まちのシンボル」。
この日、議員のお一人もボランティアガイドを務めておられるなど、さぞかし市民の皆さんも自慢に思う施設であることも強く感じた次第。

「鉄道と港」をまちの歴史に持つ敦賀市にも大変参考になる視察となりました。

今年は55万球。ミライエ2019点灯。

ブログ まちづくり

議員も半年が経過すると資料も溜まりに溜まるもので。。。
自分の中で分類はしていたものの、部屋に置き放しであった書類を昨日一気に整理。
常任委員会ごと、懸案事項ごととファイルに整理していくと不思議と頭も整理出来るものですね。
仕事の基本は「4S」(今は5Sか)との教え通り、資料と思考をしっかり紐付けし、今後も自己管理に努めます。

さて、昨日は「ミライエ2019」の点灯式がありました。
直近まで金ヶ崎エリアにはいたものの、所用にて式へ立ち会うことは出来ませんでしたが、点灯を楽しみにされた方が集い、駐車場はほぼ満杯状態でした。

このミライエは、「敦賀・鉄道と港」まちづくり実行委員会の皆さんが核となり、設営に関しては委員会の皆さんを始め、市内の各高校生もボランティア参加されるなど、まさに手作りのイベント。

2014年から始まったこのイルミネーションイベントは6年目を迎え、年々パワーアップ。
今年は何と55万個の電球により、紫や青のアーチやトンネル、緑地も様々な表情を見せるロマンチックな雰囲気となっているとのこと。

開催期間は、12月25日のクリスマスまで。
日曜・祝日は21時まで、金・土曜日は22時までが点灯時間となっておりますので、温かい飲み物など片手に是非お越しくださいね。

みかん、イルミネーションとお誘いが続きますが、敦賀の「旬のもの」ということで本日のところはご容赦ください。

芸術の秋、身近なアーティストの作品が満載

ブログ まちづくり

市内では、地元粟野公民館では「粟野地区文化展」、プラザ萬象では「敦賀市民文化展」が開催されているということで、昨日も選択したのは「芸術の秋」。

まず、冒頭の作品。
粟野地区文化展で目に飛び込んできたこの大仏は、なんとボールペン1本で描かれたもの。
実際、離れて見ると大仏が浮かび上がってくるような立体感あるもので、繊細で緻密なラインと発想に驚きました。
このような作品のみならず、書道、水墨画、手芸、トールペイントに写真など、粟野公民館でのクラブ活動で培った様々なジャンルの力作が展示。
中には、知り合いの方のお名前もあり、何だか嬉しい気持ちになりました。

粟野地区文化祭

その後は、初の文化祭の梯子でプラザ萬象へ。
敦賀市文化協会創立60周年記念と併せて開催される市民文化祭は59回目を迎える伝統的なもの。
ここでは書道、水墨画、絵画、写真に加え、俳句や盆栽まで多岐に亘る作品が展示。
粟野地区と較べスケールの大きい作品が多く、迫力がありました。
いずれの作品も素晴らしいもので思わず感嘆の声の連続でしたが、気に止まったのは俳句のブース。
時世を表す作品も興味深く詠ませていただきましたが、この一句は元気に運転していた頃の原子力発電所に思いを寄せる先輩が詠まれたものかと推測したところ。

敦賀1号もしくはもんじゅに携わった方でしょうか?

会場を出る際、水墨画を描く会社のOBの方とお話しするに、社員時代から定年以降に続けられるような趣味をと描き続けてきたことが、今や一芸になるとともに、趣味を通じ多くの仲間が出来たと生き生きとした表情で話されていました。

確かに、会場にいらっしゃった皆さんは和気藹々、豊かな表情をされており、年齢は何のそのといった感じでありました。
このようなお姿を拝見するに、文化・芸術面の活動をしっかりとバックアップしていくことも、生涯イキイキ人生を過ごしていただくための取り組みであると肌で感じた一日となりました。

食欲の秋か芸術の秋か

ブログ まちづくり

雨足も止んだ昨日、県内各地では様々な催し物が開催。
地元の粟野公民館に足を運ぶと、本日からの粟野文化展開催に向け、書道、水墨画、トールペイントなどの各クラブに所属する多くの方が集い、設営や作品展示の準備をされていました。
研鑽を重ねた皆さんの作品を今日は拝見させていただきたいと思います。

そして、私はというと、公務がない休日を有意義に過ごすべく悩んだのは、「御食国(みけつくに)」小浜で開催されている「食のまつり」か鯖江サンドーム福井で開催されている「テオ・ヤンセン展」か。

結果、以前よりTVコマーシャルで見て大変興味があったのと、開催期間が今日までということが決め手となり、「テオ・ヤンセン展」に行ってまいりました。

サンドーム福井内の展示状況

現在のレオナルド・ダ・ヴィンチと呼ばれるオランダのアーティスト、テオ・ヤンセン氏が制作する「ストランド・ビースト(砂浜の生命体)」は、風を受けて生きているように動くアート作品であり、世界的にも高い評価を受けているもの。

芸術家の発想力と思考回路は私には理解し兼ねる訳ですが、ヤンセン氏がこの作品を作る切っ掛けとなったのは、故国オランダの海面上昇問題を解決するため、作者が没したとしても自立して砂浜で生き延びることが出来るよう、物理工学を駆使して様々な環境に適応するシステムとし、芸術と科学という既存のカテゴリーを結び付け、新たな可能性を私たちに示しているとのこと。

現に会場には、同氏の作品が15店が展示され、うち2体は、福井が誇る「越前和紙」を帆に使用した、世界初の伝統工芸とのコラボ作品であり、子どもから大人まで興味深々で見入り、手に触れていました。

帆に越前和紙を使用したコラボ作品(すべてハンドメイド)」
蛇のように動く大型作品

実際に風を送り機体が動くデモンストレーションもあり、本当に生きているような動きは、まさに作者が意図する「生命体」であり、芸術と科学の見事なマッチングを感じることが出来ました。

会場で聞くと、ヤンセン氏はこの作品を世界中に広めるため、同じ会場では2度と展示することがないとのことで、福井での展示は本当に今日が最後。
興味のある方は、是非このチャンスを逃さずに。。。

食に文化、芸術、スポーツ。
興味の赴くままに楽しむ「秋」ですね。

感じる息吹。北陸新幹線敦賀開業。

ブログ まちづくり

多くの被害をもたらした今シーズンの台風。さすがにもう終わりかと思っていたところの台風21号。小笠原諸島では猛烈な風の映像が飛び込むとともに、この台風の湿った空気と低気圧がぶつかり本州でも非常に強い雨が降るとのこと。
離れていても油断せず警戒したい。

さて、有難いことに、これまで色々な場で活動報告をさせていただいている訳でありますが、時間があれば必ずご紹介しているのが、6月末に利用を開始した敦賀駅前立体駐車場の屋上からの眺め。

6階にあたるこの場所に登ると、全方位遮るものがなく、北から南に伸びる北陸新幹線敦賀駅開業に向けた延伸工事の様子が一気通貫で見ることが出来ます。既に高架は要塞のように並び、南はゴール地点にあたる車両基地エリアまでつながってきており、頭の中ではここを走る新幹線の様子が浮かぶようです。

立体駐車場は、最初の1時間無料ということもあり、私も駅前に行く用事があると極力寄るようにしています。
一昨日も屋上に上がると、写真を撮影している方がいらっしゃいました。
タイムラプス的に記録に留めている方もいらっしゃるかも?

既存駅とラップする姿、北陸新幹線敦賀開業の息吹を最も感じられるこのスポットに是非足を運んでいただければと思います。
本日はご紹介まで。

« 古い記事