バッハ会長の真意、東京オリンピック・パラリンピックの真の成功とは

ブログ

東京オリンピックまで2ヶ月を切り、本来国を挙げて開催ムードが高まる時期であるところ、未だ開催可否双方の声のある国内世論。
 
私は、国際的な日本のコロナ感染状況に対する客観的な見方や選手、大会関係者が懸命に「開催」に向けて万全の準備を進めていること、さらには、開催の判断権限がIOC側にあるとすれば、あれほど一丸となって誘致した日本が行うべきは、自らギブアップしてタオルを投げ込むことではなく、最後まで開催を前提とした努力を続けることしかないと考えるところです。
 
そうした中、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が22日の国際ホッケー連盟(FIH)のオンライン総会に寄せた連盟関係者向けのビデオメッセージで、「東京大会を実現するために、我々はいくつかの犠牲を払わなければならない。(そうすれば)選手は夢を間違いなく叶えることができる」との発言が日本国内で報じられると、この「犠牲」を巡り、「(国民が)犠牲を払ってまで開催するなどとはけしからん」と一部野党やメディアが取り上げています。
 
一方、会議に出席した関係者は「犠牲」について「参加する方も今までと違った形なのでいろいろな制約があるけど、それは我慢してやるべきだというニュアンスと受け止めた」と述べているともあります。
 
バッハ会長は海外からの一般観客受け入れを断念した3月にも、日本側の意見を尊重するとしたうえで「誰もが犠牲を払わないといけない」と声明を出した際の「犠牲」の意味は、来日する関係者の削減や、選手村と競技会場など移動できる範囲の限定、コロナの影響による予選中止や渡航制限によって起きる選手選考の変更などを挙げていたことから、この22日の発言の意図も「日本国民に」ではないと受け止めるべきと思いところであり、ここでもやはり、発言の背景や全文を通して理解すること、「切り取り報道」に乗せられてはいけないものと、改めて勉強するところであります。
 
また、海外から見たオリンピックに関しては、先日、開会式にマクロン大統領が出席することを明らかにした、次期開催国フランスでは、公共放送を手掛ける企業「フランス・テレビジョン」で使用される、2021年東京オリンピック中継用のプロモーション動画(CM)が動画配信サイトで公開されました。
 
ここで登場したのは何と力士で、この力士はまわし姿、浮世絵調の世界の中でサーフィンや短距離走をしたりと軽快に動き回り、棒高跳びをして鳥居を超えるシーンもあり、最後には会場と思わしきスタジアムに着地をするとの映像となることに加え、画面両端に出るキャプションは開催地日本や選手に対するエールにも映ります。
(是非、以下の動画をご覧ください。時間は1分程度です。)
 

【フランス・テレビジョン「東京オリンピック中継用プロモーション動画」のワンシーン】
 
 →→→フランスで流れている東京リンピックのCMはこちらから(YouTube動画より)
 
この動画を作成した趣旨は、同社の公式Facebookページにて「日本の版画のイメージと、夏のオリンピックでの新しい種目が融合した『日出ずる国』への旅の招待状です」と投稿しており、東京オリンピック開催を巡っては、海外メディアから中止を提案する声も聞かれる一方、開催が予定されている以上、参加する自国の選手たちを盛り上げるべく、海外のクリエイターたちが趣向を凝らしているのも事実であります。
 
さて、改めて国内に目を向ければ、全国各地で開催されているオリンピック聖火リレーが、いよいよ今週末には福井県に。
 
敦賀市では29日の15時頃から16時10分頃まで、名勝「気比の松原」を舞台にランナーが走ります。
 

 
 →→→敦賀市HP「聖火リレー実施に伴う交通規制のお知らせ」はこちらから
 
また、オリンピック開催に際しては、ホストとして「人道の港」でつながりのあるポーランド選手団を受け入れる予定としており、そうなれば「やさしい日本人がいたまち」の思いを持って、最大限の歓迎をしたいと思うところです。
 
先に記載しましたバッハ会長のビデオメッセージでは、選手村に入る70%以上のアスリートや大会関係者がワクチン接種を受けたなどと報告したうえでこうも述べられています。
 
「東京大会がようやく間近に迫り、最後のカウントダウンに突入した。現在の厳しい状況を受け、我々は団結や多様性、粘り強さを強いメッセージとして発信する必要がある。東京はトンネルの終わりの光になる」
 
コロナ禍であっても開催する東京オリンピックの意義、その会場が「日本」であるからこそ、世界から期待されていることを今一度噛み締め、「トーキョー」のフリップで誘致を決めた時の感動やワールドカップラグビーでは「ONE TEAM」で選手を後押ししたあの大きな力を思い返し、ここは東京オリンピック・パラリンピックの真の成功に向け、私たち日本人の思いをひとつに、一致団結することを願って止みません。