ウイルスとの戦いと敦賀連隊の桜

ブログ

福井県では、昨日新たに9名(福井市及び越前市)の新型コロナ感染者が確認され、これで30例目となりました。
 
いずれも既に確認された感染者が勤務する飲食店を利用したり、感染者と接触があったとのことであり、この感染経路をもとに重点的に検査を行っているとのこと。
 
福井県においては、初の新型コロナ感染者確認以降、その都度杉本知事が説明者となって記者会見を開いていて、その模様はyoutubeでも確認することが出来ます。
 
昨日もyoutube再生にて会見を拝見すると、時折専門部署に補足説明を求める場面はあるものの、ほぼ知事が受け答えをし、現場実態をもとに直接県民に呼び掛ける姿に、首長としての責任と覚悟を強く感じました。
 
ドイツのメルケル首相ではありませんが、こういった非常事態の時に国民(県民)に統率感ある冷静な行動を促すには、トップの姿勢と発する言葉が重要であり、本県においては、杉本知事が語る言葉(要請や指示を含む)をしかと受け止め行動にあたるべきと考える次第です。
 
さて、元気が出るようにと掲載を続けている敦賀の桜シリーズ。
本日は、その名も「桜ヶ丘の桜」(ウチの近所)です。
 
この地は、日露戦争と第二次世界大戦に出兵した敦賀連隊の駐屯地があった場所であり、町内には多くの英霊が眠る慰霊碑が建てられています。
 


 
我が国のために命を懸けて戦った英霊の思いと桜を重ね合わせると、まさに日本人の心に宿る、散りゆくはかなさ、尊さを感じる訳でありますが、ここは英霊の犠牲によって国難を乗り換えてきたパワーと捉え、皆さんにもお伝えすることにしたいと思います。