センバツ出場を祈願!「敦笑」に春よ来れ!

ブログ 敦賀と野球

雷鳴轟く、敦賀の昨夜。
いわゆる「雪起こし」級の雷はこれで二度目と記憶しますが、週間天気予報を見ても「雪だるま」はなし。
気まぐれの度合いが年々高まってきている北陸の天気でありますが、心と装備の備えだけは怠らぬようにしましょう。
 
さて、昨年12月14日のブログでご紹介しました、第92回選抜高校野球の21世紀枠候補に選出された敦賀高校(以下、敦高(とんこう)」。
昨日は、氣比神宮にて指導者と部員、保護者合わせ約60名で「出場と必勝祈願」を行いました。
(以下、若干親の思いが入った内容となりますが、そこはご容赦のほど…)
 

 
境内で保護者が待つなか、初練習とばかりに学校から氣比神宮までランニングで訪れた部員の表情は皆などこか晴れやか。
北信越ブロック代表校に選ばれた自信と「甲子園」という目標が一歩づつ近づく高揚感からなるものでしょうか。
いずれにしても、意気揚々、堂々とした姿は見ていて頼もしいものです。
 

 
と言っても、現実はあくまでも「候補」の段階。
敦高と同じく、現在選出されている全国9ブロックの代表校から「21世紀枠」として甲子園に出場できるのは「3校」。
一般推薦29校と合わせて行われる、運命の選考委員会は今月24日に行われます。
 
「自分たちが野球をする姿で敦賀の人を笑顔にしたい」との思いを込め、先輩から受け継ぐたチームスローガンは「敦笑(とんしょう)」。
ここまでワクワク感と期待を膨らませてくれた部員に感謝しつつ、ここまで来たら花咲かせてあげたいと思うのが心情。
彼等が掲げた目標の達成と敦賀が野球で活気づく「春」となることを期待し、あとは願うばかりです。
 

 
こうなったら全てプラス思考!曇天から一転晴れわたる空は、朗報が訪れる前兆!

敦賀高校がセンバツに王手!敦笑で目指せ甲子園!

ブログ 敦賀と野球


 
冷え込みは厳しいながらも晴れやかな青空が広がる昨日の敦賀。
「まだ決まったわけじゃない」と言い聞かせながらも、思わず顔がニヤついてしまう大変嬉しいニュースが飛び込んできました。
 
日本高等学校野球連盟より「第92回選抜高校野球大会21世紀枠」の全国9地区の候補校が発表され、何と敦賀高校が北信越地区の候補校として選出されました。
 

 
選考理由は次の通りだそう。
 
過去、春4回、夏17回の出場を誇る敦賀高校は、最新の出場が20年前の夏。
近年は、強豪私学に甲子園への道を断たれている。
グラウンドは狭く、バックネットもない状態で工夫を凝らした練習と熱意で、秋の県大会準優勝まで勝ち上がった。
21年ぶりの出場となった北信越大会では、長野日大に4-1で快勝。2回戦で星稜(石川)には完敗したが、名門復活に地元は盛り上がっている。マネージャーが保護者に対し、特別なアプリを使って、練習やミーティングの内容を伝えるなど、一体感のある取り組みを行っている。
北信越は、金沢商(石川)との比較になり、甲乙つけがたいながら、野球の伝統校であることや、恵まれない練習環境を克服していることなど、部活動としての優れた取り組みが評価された。
 
奇しくも、学校近くの市営野球場が利用制限されており、打撃練習に使えなことなどが選考理由につながったことは皮肉なことであるが、十分な練習環境のない中、場所や練習内容を工夫しつつ、勝利至上主義からの脱却を図り、今秋の県大会準優勝、北信越大会では36年ぶりの勝利を収めた。
 
今後は、来年‪1月24日‬に開かれる選考委員会において21世紀枠全国9地区の候補校を東西に分けて最初に東5地区(北海道、東北、関東・東京、東海、北信越)から1校、西4地区(近畿、中国、四国、九州)から1校を選出、さらに残った7校から地域を限定せず1校を選出し計3校が選抜甲子園出場となる。
なお、選出されれば、福井県勢としては初の21世紀枠での出場となる。
 
前身の敦賀商を含め、選抜で4度、夏の選手権で17度の甲子園出場を誇る古豪が目指す、1999年以来の甲子園。
 
野球で敦賀の人を笑顔にするとの思いを込めた「敦笑」を合言葉に白球を追う、「敦高球児」の甲子園出場を心から願い、全国に「球都つるが」の名が響くことを大いに期待し春を待つこととしたい。

「球都敦賀」敦賀高校は敗退、残る県勢は敦賀気比のみ

ブログ 敦賀と野球

三連休最終日の昨日は幸い公務もなく、北信越地区高校野球大会の応援に行くことが出来ました。
 
金沢市、小松市の球場にて開催されているこの大会。
福井県からは敦賀気比高校、敦賀高校、北陸高校の3校が出場。
 
北陸高校は、1回戦にて北越高校(新潟代表)に惜敗。
敦賀気比高校は、同じく新潟代表の加茂暁星高に10-0コールド勝ち。
21年振りの北信越大会出場となった敦賀高校は、長野日大高に4-1で快勝。この北信越大会での白星は、何と36年振りとなりました。
 
そして迎えた、昨日の準々決勝。
敦賀高校は、星稜高校(石川1位)と対戦。
さすが夏の甲子園準優勝メンバーが残る全国クラスのチーム。
ミスのない守備・走塁に加え、簡単に三振しない、甘い球はミスショットしない堅実な打撃で着々と加点され、全く隙のない試合運びで、2-10(7回コールド)。
敗戦を喫しました。
 
しなしながら、全国屈指の強豪に何とか食らいついて奪った2点、星稜ファンで埋め尽くされた石川県立野球場、雨中での戦いなど、その貴重な経験は、全て次への良き経験になったと思います。
「球都敦賀」古豪敦賀商業の伝統を受け継ぐ敦賀高校には、春、そしてその先の夏に向け、さらなる飛躍を期待したいと思います。
 
敦賀高校の試合の次に予定されていました敦賀気比-日本航空石川戦は、弱まることのない雨足とグラウンドコンディション不良により、本日15日に順延となりました。
 
残る県勢は敦賀気比高校のみとなりました。
次戦にも勝利し、選抜の切符に近づくことを同じ敦賀勢として願いたいと思います。
 

敦賀勢同士の決勝戦は、敦賀気比高が圧勝

ブログ 敦賀と野球

昨日は、あいあいプラザで開催された「日本郵政グループ労組福井南部支部第12回定期大会」にお招きいただきご挨拶をさせていただきました。
日頃のご支援に対する御礼と2回経験した議会定例会でのトピックスなどをご報告したうえで、今後も働くものの視点で活動にあたることをお約束した次第。
郵便業務においては、要員不足の中での業務が課題とあり、労働環境改善に関しては労使間協議が大前提であるものの、土日の配送業務取り止めなどを行う場合においては、社会全体で「働き方改革」を進めるとの観点から、利用者の皆さんのご理解をいただく必要があることを改めて認識しました。
今後とも連携のうえ、活動にあたりたいと考えます。
 
さて、昨日からご紹介しております秋の高校野球福井県大会決勝戦。
史上初の敦賀勢同士の戦いは、27-4の大差で敦賀気比高校が勝利し、優勝を果たしました。
8回表の得点は何と「16」、連続出塁など大会記録をいくつか更新しての集中打は、さすが強豪校たる所以と感じました。
対する敦賀高校は、大敗を喫したものの、ここまで勝ち上がってきた力は決してまぐれではなく、大会委員長も仰っていたように、特に大会を盛り上げる存在であったと思います。
 
決勝を戦った二校に加え、この日の3位決定戦で勝利した北陸高校とともに、10月12日から石川県で開催される北信越地区大会にて、次なる戦いに進むこととなります。
言うまでもなく選抜につながるこの大会。
福井県勢、とりわけ敦賀の二校の勝利を期待し、応援したいと思います。
 

 

 

秋の高校野球史上初!敦賀勢同士の決勝戦!

ブログ 敦賀と野球

前回のラグビーワールドカップでの南アフリカ戦に続き、昨日は世界ランキング2位のアイルランドを撃破!
相手も認める日本の堅実な試合運びは、もう「世紀の番狂わせ」ではなく、世界に日本の実力を示した歴史的なゲームとなりました。
 
また昨日の投稿でご紹介しました、秋の高校野球福井県大会準決勝。
敦賀気比高校は北陸高校に、敦賀高校は羽水高校にそれぞれ勝利し、決勝進出とともに各県3位までの北信越地区大会出場を決めました。
敦賀勢同士の決勝戦は、福井県高校野球史上初。
今日の試合も「球都つるが」を名乗るに相応しい、高校球児らしく清々しい好ゲームを期待する次第です。
 
さて、前置きが長くなりましたが、昨日は関西電力労働組合美浜支部ならびに原子力事業本部の定期大会にお招きいただき、ご挨拶の機会を頂戴しました。
それぞれの支部の皆さんとは、敦賀での労組役員時代からフランクに連携いただいている関係。
日頃の安全を第一義とする原子力発電所運営に対し敬意の念を表するとともに、地球温暖化対策や日本が少資源国であることからしても、原子力発電は今も今後も必要であるとの信念は揺らぎないものであることをお伝えさせていただきました。
 
母体の日本原電敦賀発電所とは隣まちで、商業用原子炉としては、BWRでは敦賀発電所1号機、PWRは美浜発電所1号機が初号機として高度成長期を支え、我が国における原子力の先駆者的役割を果たしてきた関係。
そういった先人達が築き上げてきた重みを噛み締めつつ、今後も自身の思いと原子力職場の思いをともにし役割を果たしていきます。
 

 

 

聖地、敦賀市営野球場の実情を確認

ブログ 敦賀と野球

各地で熱戦が繰り広げられている甲子園を懸けた球児たちの戦い。
福井県大会は昨日、ベスト4が出揃いました。シード校三校にプロ注目左腕を擁する公立高が絡み、激戦の様相。準決勝以降も好ゲームを期待したいと思います。
 
さて、昨日は敦賀市営野球場に足を運びました。
敦賀商業時代からの歴史があり、一巡前の福井国体で野球競技が開催された本球場は、敦賀人にとっての野球の聖地。ひと昔前は、一般、高校、学童問わず、皆がここで試合出来るのを楽しみにしていた球場です。
 

 
その球場ですが、2年前に制限付きで利用を再開しているものの、2014年8月には、場外への飛球による近隣住民へ被害を及ぼす危険性があるなどとして利用中止が続いていたという経過があります。
 
球場を覗くと、敦賀高校時代に野球部の監督をされていた先生がおられ、週3回管理に来られているとのこと。その後、球場のスタンドで昔話も含めて現状をお伺いしました。
当時の強豪、PL学園や滝川二高が練習試合に訪れた話しや敦賀高校のエピソードなど、目を細めて話される先生の姿に、野球とこの市営球場への愛情をヒシヒシと感じた次第です。
 

 
試合や打撃練習が出来ない現状にあり、利用再開時に市のスポーツ振興課が発した利用上の留意事項にも以下の記載があります。
・確実に場外飛球しない措置を施し、スポーツ振興課が認めたものに限る。
・場外飛球等が発生した場合に原因を明確化するため、監視カメラで監視することを了承すること。
 
野球というのは、言わずもがな「投げて打って」で初めて成り立つもの。
そういった意味でも、真の利用再開に向け必要な措置は何か、今後より詳細な調査と検討を進めていきたいと考えます。
 

もうひとつの夏の戦い。いよいよ明日から熱戦スタート!

ブログ 敦賀と野球

本日も曇天の敦賀。
 
梅雨模様の天気はここ暫く続くようですが、いよいよ明日からは高校野球福井県大会が開幕。梅雨も何のその、甲子園を懸けた熱き戦いが始まります。
 
選抜出場の啓新高校、北信越準優勝校の敦賀気比高校などのシード校に他校がどう絡んでいくか。
 
30校ながら群雄割拠と呼ばれる福井県大会。とりわけ地元敦賀勢の活躍を期待し、応援したいと思います。
 
そして、既に夏の戦い開始から9日目を迎える参議院議員通常選挙は中盤戦を迎えています。本日も投票行動を促進すべく、この3連休の期日前投票と投票棄権防止を呼び掛けてきたところです。
 
一球一球に全霊を懸けて戦う高校球児、一票一票に思いを込めて投票する有権者。与えられた機会(チャンス)を生かさなければ勝てないという点では同じ。
 
投じる一球、一票が夢や勝利に結びつくよう、このダブルの夏の戦いをともに応援し、自ら行動していきましょう!
 

敦賀の皆さんはお分かりで。勝負ごとの前には必ずカツ(丼)!