開票が進む参議院議員通常選挙

ブログ 政治

投開票の今日、全国的に低投票率となる中、福井県全体でも前回55.52%から46.79%に低下。
敦賀市も53.82%から45.21%にダウンの結果となりました。
 
憲法改正を始め、今後国政における大きな課題について議論を控える状況で、この投票率であったことをどのように捉えれば良いのか。
「政治に無関心でいられても、無関係ではいられない」との言葉がありますが、投票率を高め、より多くの民意を反映するために何をすべきか。
地方議員の1人としてもしっかり考えたいと思います。
 
そして、開票はこの今も進んでいます。
与党の過半数確保なるも改憲2/3議席には届かないとの報道。比例代表では、私の支持する候補がかつてない激戦を戦い、この日、この時を迎えています。
開票結果は日を跨ぐことが必至ですが、何時になろうと目を見開いて見守るとともに、全国の仲間の皆さんと心からの勝利、議席確保を願い続けます。
 
必ずや再びこの議場に戻ることを願って!!!