日本人だからこそ出来る

ブログ

昨晩、福井県が発表した県内で確認された新たな新型コロナ感染者1名は、鯖江市の40代女性。
 
県内1例目の福井市の男性の濃厚接触者とのことであり、確認された県内13名の発症者の感染経路とグルーピングはほぼ特定出来ているため、あくまでも冷静に対応ですね。
 
ウイルス感染拡大防止として求められている「不要不急の外出を避ける」、「3密(密閉、密集、密接)の条件が揃わない行動」は、普段の生活スタイルを一変させ、経済活動を停滞させることにつながることは間違いありませんが、ここは国家を挙げての新型コロナとの闘い。
 
なぜ「命令」でなく「自粛」なのかとの声も聞かれますが、命令なくとも「自由」の名のもと国民が持つ「権利と義務」に基づき、国内においてコロナウイルスを感染拡大させないとの「強い意志」と国民ひとり一人が「公共の心」に立ったうえで「責任ある行動」が求められているものと考える次第であり、歴史的に見ても先の大戦からの目覚ましい復興や東日本大震災を経験した日本人だからこそ出来ることだと思います。
 
諸外国で爆発的感染拡大が起こる中、比較的低位で推移している日本の状況に鑑み、結果してウイルス抑制に成功出来たなら、その対策や日本人の行動は世界のお手本、つまり世界に貢献することにつながるものと思うところです。
 
繰り返しになりますが、日本はそのことが出来る国民性であると信じ、大上段からの話しとなりましたが本日の投稿といたします。
 

「3密条件」を気にせずとも良い野坂山の桜のトンネルへ。満開まではもう少しでした。