敦賀勢同士の決勝戦は、敦賀気比高が圧勝

ブログ

昨日は、あいあいプラザで開催された「日本郵政グループ労組福井南部支部第12回定期大会」にお招きいただきご挨拶をさせていただきました。
日頃のご支援に対する御礼と2回経験した議会定例会でのトピックスなどをご報告したうえで、今後も働くものの視点で活動にあたることをお約束した次第。
郵便業務においては、要員不足の中での業務が課題とあり、労働環境改善に関しては労使間協議が大前提であるものの、土日の配送業務取り止めなどを行う場合においては、社会全体で「働き方改革」を進めるとの観点から、利用者の皆さんのご理解をいただく必要があることを改めて認識しました。
今後とも連携のうえ、活動にあたりたいと考えます。
 
さて、昨日からご紹介しております秋の高校野球福井県大会決勝戦。
史上初の敦賀勢同士の戦いは、27-4の大差で敦賀気比高校が勝利し、優勝を果たしました。
8回表の得点は何と「16」、連続出塁など大会記録をいくつか更新しての集中打は、さすが強豪校たる所以と感じました。
対する敦賀高校は、大敗を喫したものの、ここまで勝ち上がってきた力は決してまぐれではなく、大会委員長も仰っていたように、特に大会を盛り上げる存在であったと思います。
 
決勝を戦った二校に加え、この日の3位決定戦で勝利した北陸高校とともに、10月12日から石川県で開催される北信越地区大会にて、次なる戦いに進むこととなります。
言うまでもなく選抜につながるこの大会。
福井県勢、とりわけ敦賀の二校の勝利を期待し、応援したいと思います。