凄まじき自然の猛威。台風19号

ブログ

予想はしていたとは言え、凄まじい自然の猛威を奮い北上を続ける台風19号。
 
昨晩の時点で多摩川も増水、近隣の二子玉川駅や武蔵小杉駅周辺などで冠水とのニュース。
多摩川は、東京単身赴任時代に河川敷までジョギングに出掛けたり、東急東横線の武蔵小杉駅はほぼ毎週通過していた駅で思い出ある場所。
あの広大な河川敷と川幅を有し、穏やかな多摩川があのような恐ろしい姿を見せたことには驚くばかりでした。
 
また、多摩川を始め、関東、信越、東北の名だたる河川においても増水によるはん濫、越水が相次いでおり、何を置いても住民の皆さんの安全を願うばかりです。
 
敦賀のほうはと言えば、心配された笙の川の増水も1.40m(はん濫危険水位は2.50m) であったほか、最大風速も昨日20時の18.0mで一時的なものであり、大きな影響はありませんでした。
 
台風が過ぎた地域においては、交通機関の運行再開や見合わせていたイベントの開催など順次通常の生活に戻るものと思いますが、この台風の影響は一過性にすることなく、教訓として胸に留めておきたいと考えます。
 
(写真は、多摩川の変貌状況。記録として留め置きます。)